2007年04月03日

自分の体で実験したい

まず表紙にとても惹かれました。

純粋な知的好奇心から、自分の体を使って実験をしてしまった研究者の記録です。

現在の医学や薬学や安全設備の一部は彼らの研究の成果なのかもしれません。

原書は児童・生徒向けだそうです。しかし、ちょっと刺激が強いのではないでしょうか。

知的好奇心のために実験をした研究者ですがそれが原因で命を失ってしまったり後遺障害を負ってしまった人もいます。

しかし、信念を貫いた彼らの姿勢は単に笑い話やマッドサイエンティストでは片付けられない凄みを感じました。

自分の体で実験したい―命がけの科学者列伝
自分の体で実験したい―命がけの科学者列伝レスリー・デンディ メル・ボーリング 梶山 あゆみ


おすすめ平均 star
star実験自体はトンデモないかもしれないが、トンデモ本ではありません。
star知りたい高度な知識欲

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ラベル:実験 医学 薬学

あなたもなれる ! インテリアコーディネーター 町田ひろ子著

こんな資格もあるんだなぁ・・・と思いながら手に取りました。

資格紹介本です。でも、内容は良かったです。

いやぁ、これを読んでインテリアコーディネーターになれるわけではありません。でも、フリーランスになるまでのステップの踏み方とか、お客さんとの付き合い方とか、自分のキャリアの形成の仕方とか…

ほかの業種でもフリーランスを目指す人、独立しようか迷っている人にとっても役立ちます。フリーランスのメリット・デメリットが良く分かります。

というわけで、インテリアコーディネーター自体は目指すつもりはありませんが、フリーランスの何たるかを垣間見ることが出来ました。

4804740198あなたもなれる!インテリアコーディネーター
町田 ひろ子

大和出版 2007-02
売り上げランキング : 338310

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む
posted by のら at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格の憂鬱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タバコが語る世界史 和田光弘著

歴史の教科書で有名な山川出版社の本です。

あくまで、歴史を取り扱った本です。可能な限り中立的な立場で書かれている印象を受けました。嫌煙や反嫌煙を主張するものではありません。

新大陸で先住民族からもたらされたタバコ当初、嗜好品として広がりました。医薬品としても効果が信じられ爆発的に普及した経緯がなどが書かれています。

やがてタバコへの依存が確認されました。依存性は喫煙者だけではありません。各国政府やタバコ産業を政治家等も資金面でタバコへの依存を深めていったことを、著者は指定しています。

今日では、本当にタバコからの税収が、医療費等の財政支出増大に見合うか疑問視されるようになりました。

タバコをめぐっては財務省と厚生労働省の攻防などがる日本でもあるようです。私の尊敬するへーげる奥田先生の『タバコ煙害問題を考える同人誌』に詳しいです。頒布物と同じ内容をWEBで公開されています。
http://www.yk.rim.or.jp/~h_okuda/wwf/wss_200308_idx.htm

4634349000タバコが語る世界史
和田 光弘

山川出版社 2004-12
売り上げランキング : 206778

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

奇妙な経済学を語る人びと エコノミストは信用できるか 原田泰著

ちょっと前に、似たようなタイトルの本を紹介しましたが別の本です。

なぜ出生率が下がるのか、労働生産性の向上の可能性などが面白かった。

日本では子供一人を育てるのにかかる費用や逸失利益が大きい。また、離婚後の裁判所の財産分割が適切に行われていない。そのため、女性の結婚への不安を大きくし晩婚化・未婚化を招いている。そのように著者は指摘しています。晩婚化・未婚化は結果として結婚できない男性を多く生み出し、女性だけではなく男性にも不利益に作用していることを指摘しています。

また、ヨーロッパの多くの国が人口減少に直面しながらもそれを上回る労働生産性の向上で経済発展を遂げている事実を指摘してます。

『エコノミストは信用できるか』を読んだあとですと、いろいろ穴や突込みどころもあるのですが、経済に興味がある人にとっては純粋に楽しめると思います。

奇妙な経済学を語る人びと―エコノミストは信用できるか
4532350565原田 泰

日本経済新聞社 2003-08
売り上げランキング : 202838

おすすめ平均star
star経済学の基本に立ち返る重要性を再認識
star馬鹿馬鹿しい議論を丁寧に貶す本
star合理的精神の持ち主の愚痴

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む
posted by のら at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奏光のストレイン 視聴終了

放送が終わって大分経ちましたが視聴を終えました。

奏光のストレインも最初に第1話、第2話を見たときにはありがちな話だなぁ。。。と思い一度視聴をやめてます。

ただ、評判は思いのほか良いので騙されたと思って放送終了後に連続で見てみました。

続きを読む
posted by のら at 17:15| 「日記力」を鍛える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

アクティブ運用の復権 角田康夫編

最初にお断りしておくと、この本は投資の指南書というよりも研究書です。普通の個人投資家が読むには手に余ると思います。

個人投資家向けではありません。年金の運用担当者とかファンドマネージャー等を対象に書かれている本です。

数学がそこそこできる、統計が好きな人、知的好奇心が強い人etc、etc、読む人にもかなりの能力を求めます。

楽しみながら学べる、というたぐいの本ではありません。その事は分かった上でも読みたい方はとめません。相関係数とか、シャープレシオとかといった言葉がバンバン出てきます。

それでも、取り組みたい人はとめません。ちなみにかなり私の手には余る本ではありました。
アクティブ運用の復権アクティブ運用の復権
UFJ信託銀行資産運用研究会 角田 康夫


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それでも読みます?
続きを読む
posted by のら at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

金融電卓を購入

金融電卓を買ってみました。

今まで運用プランや積立プランをエクセルのテンプレートとかで計算することが多かったです。でも、細かなシミュレーションは無理でもいいのでエクセルを立ち上げず計算が出来れば、と考え始めました。

そこで、金融電卓の登場です!

シャープ 金融電卓 EL-K622-X
シャープ
売り上げランキング: 13902



続きを読む
posted by のら at 00:55| Comment(1) | TrackBack(1) | IT神話を解体せよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログの分割

ブログの分割を考えています。今はブログで扱う話題もバラバラ

分割で読む人の利便性の向上を目指したいと思っています。

4月5日時点でのブログのカテゴリと記事の数は以下の通りになります。

日記(11)
資格(26)
IT(41)
読書(8)
資産運用(33)
アニメ(17)

なかなかのカオスっぷりです。
続きを読む
posted by のら at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | IT神話を解体せよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ分割について 其の弐

とりあえず、出たとこ勝負ではじめてしまったこのブログ。

ブログはひとつひとつの記事が独立しているから、適当に書きたいことを書いていけばいいや

当初はそのくらいに考えていた。

続きを読む
posted by のら at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | IT神話を解体せよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

著者は税金や社会保険料がサラリーマンにとって不利になっていることを説いています。

また、現在の直接税主体の税制は徴税コストの面でも、社会的コストの点でも適切ではない。消費税を主体とした間接税主体の税制に改めるべきことを主張しています。

間接税主体の税制は逆進性が高い、といわれています。のらFPもその点に異論がありません。しかし、直接税よりも価格や市場に対して良い意味でも悪い意味でも、ゆがみを与える影響が少なく、より中立な税制として間接税主体の税制は賛成です。

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門橘 玲


おすすめ平均 star
star考えさせられます
starお金持ちになりたくない人にもお薦め
star著者の思考パタンは、わが国の官僚たちに似ているように思う
star自分の頭で自分の人生を考えるために役立ちます。
star金持ち本とあなどるなかれ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む
posted by のら at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

ウォール街のランダム・ウォーカー 新版

投資家にとっては繰り返し版を重ねている古典的名著、バイブルです。

私も今回読む機会がありました。

評価にたがわぬ名著だと思います。

ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
バートン マルキール
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 11225
おすすめ度の平均: 4.5
5 株式投資のベスト・ロング・セラー
4 まっとうな教科書
5 株式投資をする前に一読
1 初心者が読むとかわいそうかもしれない
5 ランダムウォークとは



続きを読む
posted by のら at 00:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定期預金満期後の運用

満期の来たスーパー定期の今後の運用について相談を受けました。

相談者さんは金融機関から再度スーパー定期での運用を進められているとのことです。

のらFP的には、以下のように考えました。
続きを読む

2007年04月24日

ウォールストリート投資銀行残酷日記

アナリストの仕事がいかに大変でいいかげんなのかが書かれています。目論見書などをこうした人々が作っているのかと思うとなかなか感慨深い物があります。

本書はそうした投資銀行での仕事に嫌気がさして、転職した人の著作です。上司や同僚にはあきらかに過剰適応の症状が確認できる人や、躁病なのではないか、と疑わせる人物も登場します。

ワーク・ライフバランスの大切さが身にしみて分かります。高給を餌に、職場に飼い慣らされた上司の姿はなかなかの社畜っぷり。派手な生活は過酷な労働の対価というだけでなく、彼らを職場につなぎ止める餌でもあります。

何日もろくな睡眠もとらず良く心身のバランスを毀さなかったことに驚かされます。

時期的には米国のITバブルが頂点に達した頃の物でしょうか。

既に退職した人の書いている物なのでその辺は割り引いて読む必要があるかもしれません。

ちなみに我が国の銀行ですと、横田濱夫先生の著作が詳しいかと思います。

ウォールストリート投資銀行残酷日記―サルになれなかった僕たち
ウォールストリート投資銀行残酷日記―サルになれなかった僕たちPeter Troob John Rolfe ジョン ロルフ


おすすめ平均 star
star参考になるようなならないような…
star内容薄く、愚痴の嵐
star結構近いかも・・・
star高給取りの奴隷生活
star投資銀行を巡る青春の1ページ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


文庫でも最近出版されました。

サルになれなかった僕たち―なぜ外資系金融機関は高給取りなのかサルになれなかった僕たち―なぜ外資系金融機関は高給取りなのか
ジョン・ロルフ ピーター・トゥルーブ 三川 基好


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by のら at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

音で聴くビジネス書

のらFPはビジネス書を読むことが多いです。しかし、読むのがあまり早くない。

空いた時間とか、ボーとしている時間にiPod等の携帯音楽プレイヤーで聴ければいいなぁ、と思って探していたらこんな物を見つけました。

B000OYC3QQiPod selection ビジネス書 (説明扉付スリムパッケージ版)

ソースネクスト 2007-04-27
売り上げランキング : 2075

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


収録している本も『キャバクラの経済学』とか『金持ち父さん 貧乏父さん』とか。。。

なかなか良いじゃないですか(´∀` )

これで少し勉強させてもらえればと思っています。

他にも無料で配信をしているホームページも見つけました。ポッドキャスティングを利用したビジネスモデルとしても面白いと思います。

ビジネス書を耳で読む- BookCasting
http://www.netvoice.jp/

無料なのになかなかの品揃えです。『バフェットからの手紙』などもあります。

ありがたく利用させてもらおうと思っています。
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。