2007年07月05日

弁護士いらずの少額訴訟

仕事の関係で読むことになったのですが、なかなか良い本です。

60万円以下の債権の回収や交通事故の賠償金、慰謝料など比較的日常的に発生しやすい金銭支払債権債務の解決に利用されることが多いようです。

小額訴訟はそれ以外にもその日のうちに判決が出る、弁護士が不要などの特徴があります。
また、十分な証拠がない際に相手との会話を記録して証拠にしたりする等のテクニックも乗っています。

内容証明郵便などで事前に裁判を回避する方法も簡単に触れられていますが、どちらかというとこれから小額訴訟を起こしたい方のための本です。

しかし、訴訟リスクを避けるために普段からこんなことに配慮しなくてはならない、ということを知るのにも本書は役立つように感じました。
日本一わかりやすい弁護士いらずの少額訴訟
桝井 信吾
明日香出版社 (2004/04)
売り上げランキング: 99112

2007年07月06日

統計数字を疑う

私は決して数字が得意ではないです。でも、嫌いでもないです。

実は仕事で某民間研究機関の下請けの下請けの助手みたいなこともやったことがあります(あんまり詳しく書けないからこんなもんでご勘弁を(・_・;。

そんな私には本書はとても面白かったです。

統計が必ずしも実態を反映していない。実態を反映しているようで実は別の要因がある。

たとえば、XとYの間には密接な関係があるようだ。しかし、実際はZがXとYに影響を及ぼしている。こういうことはよくあるそうです。

たとえば、カキ氷の消費が増えると腹痛を起こしてクリニックに駆け込む人が多くなる。
一見もっともなようです。

しかし、実際はカキ氷が消費増もクリニックの患者の増加も、気温の上昇と気温上昇による食中毒にが原因。

こうした、背景が読めないと統計の数字をそれっぽく演出で得きる人に騙されてしまいますよぉ。というお話です。

特に『経済効果○兆円!!』などという数字はかなり誇大な根拠や甘い見積もりに基づいて積算されていることが多いため、疑ってかかる。前提に当たってみることが極めて重要です。こうした数字は多分にご祝儀的なものであったりします。浮き世のつきあいからか、景気の良いことを喧伝しなくてはならないこともあります。結論先にありき!でそれに合わせて無理矢理に理論を組み立ていることもあります。

エコノミストの評価は分析の正確さのみではありません。メディアへの露出の高さや如何に受けが良いか、自社や関連企業のアピールをしているかなども評価に結びつきます。

アナリストエコノミストには正確な分析をする、というインセンティブと同じかそれ以上に受けの良い分析を乱発しがちになります。いわば市場の声に耳を傾けるのではなく、声の市場に迎合するのです。

そうした彼ら調査機関のことも思いやる必要があります。

統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか?
門倉 貴史
光文社 (2006/10/17)
売り上げランキング: 8404
おすすめ度の平均: 5.0
4 著者の実体験に裏打ちされた経済統計解説
5 統計リテラシー向上にお薦め
5 数字をとらえるセンスが身に付く!


エコノミストは信用できるか 東谷暁著
http://norafp.seesaa.net/article/37350555.html

2007年07月09日

はみ出し銀行マンの投資戦略―初めて明かすオレ流資産運用術

はみ出し銀行マン横田濱夫先生は好きです。

一年でベンツ5台分儲ける!はちょっとどうかと思いますが、生き様も横田節も大好きです。

でも、本書ちょっと違和感を感じます。

どちらかというと、私はバイアンドホールド戦略なのですが、横田先生は私より頻繁な売買を前提にしているからだと思います。

でも、そう言いつつも好きです。

日経平均が2万を超えたら持ち株の25%を売れ!日経平均が2万4千を超えたらさらに持ち株の25%を売れ!2万8千を超えたら25%を売れ!残り25%は天井がどこになるか分からないから、適当にホールド。

まぁ、言っていることは普通のアセットアロケーションなのです。でも、ぁろけゐしょんなんて難しい言葉だととっつきづらい、っていう人には横田先生みたいな指摘の方が分かりやすいでしょう。

突っ込んだ話となると内藤忍先生の本などのほうが詳しいです。しかし、横田節は読んでいて気持ちいい。

横田先生は山崎元先生などと違って、ETFやインデックスファンドに肯定的です。山崎元先生はインデックスファンドには否定的です。銘柄の入れ替えの際に指数が影響を受けることがその理由です。しかし、最近ではこのことも機関投資家に知り尽くされているとバートン・マルキールなどは主張しています。

つまり、指数に組み入れられそうな銘柄、外されそうな銘柄を先回りして利ざやを得るのはほとんど不可能かできてもわずか、ということです。

私は、山崎元先生の主張よりも横田先生やバートン・マルキールの主張のほうが理がある気がします。

あとは、ETFやインデックスファンドは信託報酬を高いと考えるか否かだと思います。

投資においては焦らないことが何より大切だと思います。あせって利益率や効率を追求すると、レバレッジをかけてみたり、短期売買を試みたりすることになります。成績を追求して、冷静な判断ができなくなり焦りさらにレバレッジをかけたり短期売買をしたりします。そうなると泥沼です。

一度マーケットから距離を置いて冷静になることも大切です。

自分に合わないことはやらない、というのも非常に大切です。流行りものに手を出さずに、自分の得意なフィールドを中心に運用をするようにしましょう。

最後に、資産運用で破滅した人の紹介がされています。他山の石として、ここだけでも十分読む必要があると思います。

運用は楽しいときもあります。しかし、家族や仕事や趣味を捨ててまでやることではありません。

むしろ、家族や仕事や趣味を充実させるためにやるべきことです。

投資の魅力に魅入られ、大切なものを切り捨てていった人の末路は読んでいて悲しくなります。

ちなみに、横田先生はファイナソシャルプラソナー、エコノミスト、アナリスト、ファンドマネージャーには厳しいことを書くことが多いのでそれらの仕事の人は覚悟の上で買いましょう。
はみ出し銀行マンの投資戦略―初めて明かすオレ流資産運用術
横田 濱夫
カンゼン (2007/04/22)
売り上げランキング: 2581
おすすめ度の平均: 5.0
3 うまくやりたきゃ、読んでくれ!
5 これぞ正に「オモタメ」教科書本
5 楽しくてためになる本です

posted by のら at 21:44 | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

なぜか「お金に困らない人」40の習慣 深野康彦

FPの深野康彦先生の本です。
すでに、ある程度貯めている人向けの本ではないかなぁ。。。。

なぜかお金があると使ってしまう。気がついたら貯まっていない。そんな人向けの本だと思います。

私はお金に色はない。財布を分けるのはナンセンス。という考えです。ですので、著者の(公共料金等・生活費・好きに使うお金など)用途別に口座を分けるのは意味がないと思っています。深野先生が指導するように銀行口座をお金の使途に合わせて複数持つのはどうも性に合いません(ペイオフ対策などは別です)。

所得−支出=貯蓄
という式を
所得−<貯蓄>=支出
という式に変えてしまう。貯蓄額を固定してしまい、残りの額で支出をする。というのは同意です。財形でもなんでもいいんです。給料天引きはとにかく効果は絶大です。

給料日と同時に勝手に貯蓄額が引かれるので残った額で生活する習慣が自然につきます。
また、カードの支払いはボーナス一括や2回払いまでは手数料がかかりません。しかし、支払いを先送りにすることで支出を実感できない、利用状況を把握するのにタイムラグが発生するなど欠点も多いです。カードでの支払いは、特に理由がない限り「一括」がいいと説明する先生の意見はうなづかさせられる点が多いです。

家計の見直しは毎月確実にかかる固定費用の削減を中心にすること。わずかな額でも年間では大きな額になります。

無理な節約はリバウンドで余計なものを買ってしまったりすることが多いそうです。うーん、私もちょっと思い当たるところもあります。。。節約は出来る範囲で少しずつ削っていくことが大切です。

なぜか「お金に困らない人」40の習慣―いつのまにか100万円が貯まるコツと知恵
深野 康彦
大和出版 (2002/04)
売り上げランキング: 368658
おすすめ度の平均: 4.0
4 なかなか

posted by のら at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

3分LifeHacking

ITmedia Biz.ID発の仕事の効率化TIPSです。

ライフハッキングで何かが劇的に変わる、というものではありません。

しかし、簡単に出来てわずかな効果があらわれるライフハッキング。「少しずつ」をたくさん積み重ねて大きな効率の獲得を目指します。

のらはアナログメディアとしての紙の見直しが目からウロコでした。
超整理手帳ペーパーメディアと自分にあったリフィル。この組み合わせはPDAや携帯電話、Web2.0が幅をきかしている現在でも、機動性という点では依然アドバンテージがあります。

のらはPalmを今だに愛用しているのですが、先行きが怪しいので、Web2.0のスケジューラと超整理手帳の組み合わせに戻ろうかとも思っています。

超整理手帳はスケジューラやPIMとしての機能を追求しなくても素晴らしいデバイスです。A4版を格納できるの超小型ファイルとしても非常に便利なので、またそろそろ復活をさせたいと思っています。

入力はオンライン。アウトプットして持ち歩いたりちょっとしたメモはペーパーメディア。こんなソリューションもワルくないかなぁ、と考えています。

また、メーラーをタスク管理ツールとして使う、という方法も驚かされました。というか今までもちょっとしたメモとか、ToDoとか何も考えずに自分宛にメールで送ったりしていました。でも、意識的にタスク管理ツールとして使う!という発想には全く及びませんでした。

紹介されていたQTTabBarというWindowsフォルダのタブバーも非常に便利です。タブブラウザは大分以前から愛用しています。ファイラもタブで管理できるのはありがたい。。。。私のように、フォルダを処構わず開きまくる人間には天佑です。

窓の杜 - 【NEWS】エクスプローラにタブ切り替え機能を追加できるツールバー「QTTabBar」
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/04/19/qttabbar.html

aguse.netでは、不審なサイトなどをしらべることができるとのころ。さっそく、不審ではないけど、良く利用しているサイトを調べたりして遊んでしまいました。
http://www.aguse.net/


3分LifeHacking
3分LifeHacking
posted with amazlet on 07.07.10
山口 真弘 ITmedia Biz.ID編集部
ソフトバンク クリエイティブ (2007/04/07)
売り上げランキング: 17647
おすすめ度の平均: 4.0
3 手軽にできる生活微改革
5 良心的なライフハック書


ITmedia Biz.ID/効率アップ、クオリティアップのためのデジタル仕事術
http://www.itmedia.co.jp/bizid/

ITmedia Biz.ID:Getting Things Done(GTD)まとめ
http://www.itmedia.co.jp/bizid/gtd_index.html

QTTabBar
http://www.google.com/search?num=50&hl=ja&lr=lang_ja&q=%51%54%54%61%62%42%61%72

aguse.net
http://www.aguse.net/

2007年07月14日

せっかく読んだ本の内容

せっかく読んだ本の内容。
忘れないようにするにはどうすればいい?

それとも、忘れる情報はそもそも大して重要度の高い情報ではない、と割切り忘れてしまう?

のらの場合は、ブログに書いたりしています。

この方法は効果も高いです。ただ、それなりに手間もかかるので必ずしもオススメ出来るわけではありません。

そんなわけで、読んだ本を忘れない方法▽

読んだ本を忘れない5つの方法
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0707/14/news002.html

2007年07月15日

ボクがライブドアの社長になった理由 平松庚三

ホリエモンの降板によって突如時の人となった平松社長。

平松社長なりにライブドアをどのような会社と解釈し、コアコンピタンスを何に求め、どのような再生プランを練っているかが漠然とですが、伝わってきます。

堀江前社長に比べるとメディアへの露出も少なめです。もっとも、メディアへの露出を控えているのも社長なりの演出とも取れるますが、その分、彼の人物像や職業倫理、プロ意識のようなものがつかみづらくなって締まっているのは否めません。

本書では彼の考え方、今までのキャリア、60歳になっても小僧のスピリッツを忘れない遊び心のようなものが読み取れます。

また、彼なりにホリエモンをどのような人物と評価し、疑問をもっていたかもよく分かります。

還暦になってもくすぶり続け一旗揚げようという姿勢が黒田如水のようで惚れてしまいそうです。

まだ、ライブドア関連の裁判が全て決着したわけではないので2006年1月の事件発生前後の自体に関してはかけることに限界があるのでしょう。

事件発生前後の状況の記述はあまり詳しくはありません。記述があっても、平松社長の一人称視点での記述に限定されています。堀江前社長についても判決には特に言及せず結果として、世間を騒がせ利害関係者に迷惑をかけたことを追求するにとどまっています。

良くも悪くも、旧経営陣とは一線を画す姿勢をみせています。

聞き書きという形をとっているので、非常に読みやすく構成されています。

ボクがライブドアの社長になった理由
ボクがライブドアの社長になった理由

posted by のら at 00:35 | TrackBack(1) | ビジネスに重大な脆弱性を発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

デスマーチ 第2版 ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか

ソフトウェア開発者向けに書かれているようですが、実はそうでもありません。普通のサラリーマンでも学ぶべき点は多いです。

無茶なプロジェクトやアホな上司からの要求に対していかに対応をすべきか。上司やクライアントといかに交渉すべきか。辞職カードは自分自身を守るためにどの段階でちらつかせ、あるいは本当に退職すべきか。

日程、人員、予算等で本来必要とされるものの50%を下回っているものはデスマーチ化する可能性が高い。というか本来必要とされる要素のいずれかが50%を下回っているプロジェクトをデスマーチと呼ぶ。

人数が多い、期間が長いほど人間の流動性も高まり、高いモチベーションの維持も難しくなりデスマーチ化しやすい。

交渉においては逃げ道を作ったり、相手に選ばせることでデスマーチを回避する。例えば....
○「20%(30%)の時間を与えてもらえば、80%(70%)の完成度までは持っていける。100%の完成度のものを予定よりも遅れて運用を開始するか。80%の完成度で運用を開始してみてはどうか?」

○「われわれも、安くて早くて確実なシステムを構築したい。しかし、このうちの二つの目標までしか同時には追求できないとしたら、どの目標を追求するか?」

○「最善を尽くすが、納期(性能)の確約は出来ない。」

○「現状では、半年±50%(100%)の範囲での納品しか約束できない。」

○中国式水責めを行う。毎週、(求められてもいなくっても)中間報告を出し、1日〜2日(20〜40%)の遅れが発生している旨を報告する。毎週、1日〜2日の遅れを報告し続けると全体としては20〜40%の遅れが発生することになり、納期延期や人員要求の圧力を加える。

○プロジェクトの初期にトリアージを行う。重要度にあわせてタグを付けていく。
・must do...やらなくてはならないこと。
・should do...やったほうがいいこと。
・could do...可能ならばやること。
に分類して機能の実装などを行っていく。

○社内政治・日常の雑務・下らない電話の対応から逃げる必要がある。

具体的な手段として、ほかのものが出勤している時間帯とは勤務時間をずらす。
平日は休暇をとり土日に出勤する。
会議室を借り切って外部との通信を断つ通信封鎖。
マクドナルドでデスクワーク。
デスクの電話線を引っこ抜く。
この文章を読んでいる方にはどれか経験のあるものもあるかもしれません。(引っこ抜いた電話線は必ず元に戻しましょう。これを忘れてとんでもないことになった人を知っています。)

デスマーチ 第2版 ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか
エドワード・ヨードン 松原 友夫 山浦 恒央
日経BP社 (2006/05/03)
売り上げランキング: 4780
おすすめ度の平均: 4.0
5 できるなら プロジェクトが始まる前に読んで!
5 システム開発に携わる人必読
5 とにかく、面白い


デスマーチ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%81

ソフトウェア開発の落し穴(デスマーチ)
http://iwatam-server.dyndns.org/software/devintro/deathmarch/deathmarch/

2007年07月20日

マインドマップ

勝間和代先生年収10倍アップ勉強法を読んでからマインドマップに興味を持ちました。

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
勝間 和代
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007/04/05)
売り上げランキング: 66
おすすめ度の平均: 4.5
5 何事も「基礎」はとても重要
5 とても勉強になりました。
5 読者のモチベーションを高める良書


生命の樹ダーウィンの進化の樹みたいなあれです。

というわけで、取っ掛かりとしてマインドマップの本を一冊読んでみました。

記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術
ウィリアム・リード
フォレスト出版 (2005/09/02)
売り上げランキング: 816
おすすめ度の平均: 4.0
5 変化のために
4 マインドマップとはなにか!初心者向け!
2 マインドマップがすごいのは良くわかったが・・


これだけで、マインドマップが習得できるとは思っていません。とはいえ、本を読むよりも使い始めたほうが早いだろうということでツールをそろえました。

○出来る限り、費用はかけたくない。
○どこでも、利用できるようにしたい。


というわけで、フリーまたはオンラインのサービスを探したところ...

FreeMind活用クラブ - マインドマップをフリーソフトで(フリーのマインドマップオープンソース
http://www.freemind-club.com/

MindMeister(オンラインで利用できるマインドマップ
http://www.mindmeister.com/

なんてのがあり、早速使い始めました。

ちなみに、双方のデータに互換性があります。

有償でも高機能・多機能・高速なものが使いたい方には、パッケージのソフトもあるようです。

私の場合は、複数のクライアントや出先でも導入しているアプリケーションに左右されず利用できるというのが重視されるのでオンラインのMindMeisterがメイン。じっくり腰を据えて作業したいときだけ、FreeMindって感じでしょうか。

まぁ、とりあえず、フリーソフト中心で初めて不満を感じたり更なる高機能が必要になったら購入を検討しようと思っています。

ちなみに、有償のソフトはジャストシステムとかから出ているみたい。

アイデアマスター for Windows CD-ROM
ジャストシステム (2006/02/10)
売り上げランキング: 9024
おすすめ度の平均: 3.5
3 思ったよりは使えるけれど
4 十分使える


続く
posted by のら at 00:02| Comment(0) | TrackBack(2) | IT神話を解体せよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

マインドマップ其の弐

ちなみに、最初は食わず嫌いでした。なんとなく、なんとか曼荼羅みたいで胡散臭い。。。。というのがマインドマップの第一印象でした。

使ってみるとなかなかです。

最近はノートをとるときもマインドマップ風の書き方を意識しています。

気に入ったのでほかのオンラインのマインドマップも試して見ました。

MindMeister
いまのところ、一番のお気に入り。マウス操作だと、ややもたつきを感じます。しかし、ショートカット中心で操作するとレスポンスの悪さもそれほど気になりません。必要最小限の機能を最も快適に使えるように、環境を選ばず使えるように提供してくれています。
http://www.mindmeister.com/

mind42.com
これも、freemainやMindMeisterとデータの互換性があります。マウス操作だとMindMeisterと同様レスポンスよりも若干のもたつきを感じます。オンラインである以上致し方ないのかもしれません。

ノードに画像が挿入できる。Wikipediaの解説を挿入できる。TODOを入れられる。ポストイットのようなメモを付けられる。多機能です。

ただし、レイアウトの自由度はMindMeisterに一歩劣る気がします。

http://www.mind42.com/


Mindomo
データの互換性が今ひとつ。リッチテキスト形式で出力しても私の環境ではうまく開けませんでした。機能的には充実しているので残念です。もっとも、そこまで多機能を求めるようだったらパッケージソフトを購入してしまうかもしれませんが。。。
http://www.mindomo.com/index


bubbl.us
高速な動作がウリらしいです。でも、勤務先の環境では動作しないので利用を断念。
http://www.bubbl.us

Mapul
IE7以降でないと動作しない、ということなので利用を断念。
http://www.mapul.com/Default.aspxhttp://www.bubbl.us


使用した結果。。。
シンプルで軽いなマインドマップとしての機能を追及しているMindMeisterをメイン、多機能なmind42をサブで、ヘビーな作業をオフラインで行うときやある程度大型化したマインドマップをさくさく扱いたいときはFreeMind。

そんな使い分けがベストかと思っています。

マインドマップ其の参
http://norashikaku.seesaa.net/article/49119442.html
posted by のら at 00:59| Comment(0) | TrackBack(1) | IT神話を解体せよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デスマーチ 其の弐

デスマーチに突入すると、仕事のできる人間、最も生産性の高い人間から消えていきます。彼らはほかの組織やプロジェクトでも通用するため、しようもないプロジェクトやアホな上司に付き合う義理もありません。

果たしてチームの技能(の平均)は低下していきます。プロジェクトマネージャーはだんだんと低下するメンバーの技能とも戦わなくてはならなくなります。

スカンクワークは秘密の場所や隔離された空間で仕事をするそうです。日本で言うところの『闇研』なども類義語でしょう。しかし、スカンクワークにしても、闇研にしても周囲の同意を得たうえで行わないことはかなりの危険を伴います。会社は組織ですし、規律を逸脱したり、目立ったりするだけで恰好の標的にされる可能性があります。労働基準法上の問題もあり労基署のお世話になる可能性もあります。


デスマーチ ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか
エドワード・ヨードン 松原 友夫 山浦 恒央
日経BP社 (2006/05/03)
売り上げランキング: 4780
おすすめ度の平均: 4.0
5 できるなら プロジェクトが始まる前に読んで!
5 システム開発に携わる人必読
5 とにかく、面白い

続きを読む

虚構 堀江と私とライブドア 宮内亮治

ライブドアの実質的な最高責任者、現場監督、参謀などと目されている宮内さんの暴露本です。

如何にして、ナンバー2として彼がライブドア(オン・ザ・エッジ)に迎えられたか。暴走するホリエモンのコントロールに腐心していたか。ライブドアvsフジテレビの内幕。村上世彰との関係。などが語られています。

当初ホリエモンの露出は広告塔としてのものでした。総選挙前後からホリエモンは会社経営への興味を失い、話題づくりや派手なパフォーマンスを好むようになります。積極的に話題づくりは結果として多くの敵を作ってしまいライブドアへの包囲網を狭め後戻りの出来ない状況になっていまいました。司令官の堀江と参謀の宮内というコンビネーションが綻び始めます。

はたして経営はナンバー2の宮内さんが取り仕切るようになります。

逮捕・拘留され宮内、野口、中村を主犯格と考える堀江側の弁護団と決別。特捜のシナリオに乗り罪を大筋で認める宮内さんと、徹底抗戦の構えを崩さないホリエモンとは袂を分かちます。

保釈後ホテルで拘留中のニュースと世論の変化を一気に浴び錯乱する状況の描写などはあまりにリアルです。

以前、紹介した平松社長の本が事件前後のことは話題から避けています。本書では宮内さんの事件と向き合おうという姿勢が伝わってきます。

多くの組織でトップは外部への顔として外を向きます。ナンバー2は内側の守りや財務・経理、企画や立案を行い外からはなかなか顔が見えませ。本書ではナンバー2の苦労、苦悩が伺えます。

平松さん黒田如水なら、宮内さんは石田三成といったところでしょうか。とか言っているとオヤジくさいなぁ。

平松さん、というか現経営陣にはあまり良い感情を抱いていないのか、本書では多くは触れられていません。

2007年07月25日

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する

サムスンが重視している経営戦略だそうです。

私は「ブルー・オーシャン戦略」という言葉すら知りませんでした。

この言葉を知ったのは藤沢Kazu氏の「金融日記」からです。
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/

本書で、W.チャン・キム教授は企業が血みどろの戦いを展開している戦場をレッド・オーシャンと定義。ほかに競争相手が存在しない市場をブルー・オーシャンと定義しています。

もっとも、ブルーオーシャンも時間がたつと競争相手が来てしまいレッドオーシャンへと変化していってしまいます。

そのため、企業はレッドオーシャンでの競争を大切にするだけでなく、ブルーオーシャンを見つけ競争のない事業展開の大切さをといています。

SONYのウォークマンやAppleのiPodも同様にブルーオーシャン戦略の成功例ではないでしょうか。

さらに最近の例では任天堂WiiDSもブルーオーシャン戦略です。任天堂は企業体質としてブルーオーシャン戦略的なものづくりが得意なように感じます。

著者は具体例としてT型フォード、トヨタ車、QBハウス、DELL、シルク・ドゥ・ソレイユ等を挙げています。

ちなみにシルク・ドゥ・ソレイユとはアメリカで生まれた大人相手のパフォーマンスだそうです。サーカスの技術を基本としつつも、演劇のようなストーリーを展開、マジックなども積極的に取り込んだ従来にないパフォーマンスです。『カレイドスター』のモデルとなったパフォーマンス集団です。

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)
W・チャン・キム レネ・モボルニュ
ランダムハウス講談社
売り上げランキング: 351
おすすめ度の平均: 4.0
3 それほどたいしたことはない!
5 素晴らしい本です
4 おしい・・・
4 事例の多さが特徴
4 ことある毎に、戦略キャンバスを描きたくなる

2007年07月28日

ハッカーとはどういう人か?

ハッカーでない人にはハッカーはなかなか理解されづらいと思います。

従来はハッカーはコンピュータ技術に精通した人を指していました。ちなみに、クラッカーとハッカーは違います。

しかし、ライフハックなどが唱えられるようになってハッカーの定義も少しづつ変わりつつあるように思います。

単純作業を嫌い環境構築を重視する人に変化しつつあるような気がします。

つまり、樹を伐るときに1時間かけて樹を切るのがハッカーでない人。ハッカーは50分間は刃を研いだりノコギリの目立てを行います。樹を伐るのは残りの10分。

一度構築した環境は次回以降も引き継げます。ハッカーは次も10分で樹を伐ります。ハッカーでない人は次回も1時間かけて樹を切ります。

そんな風に考えると勝間和代先生もライフハッカーなのかもしれません。

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
勝間 和代
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007/04/05)
売り上げランキング: 130
おすすめ度の平均: 4.5
4 目から鱗ってほどじゃないけど
5 無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
3 収入の方をもう少し・・・


ITmedia エンタープライズ:まつもとゆきひろのハッカーズライフ:第5回 ハッカー環境問題
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0707/27/news025.html
posted by のら at 03:41 | TrackBack(0) | ビジネスに重大な脆弱性を発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金のたまる人、たまらない人

お金のたまる人、たまらない人
例えば、、
たまる人:すっかり忘れていた預貯金が数十万単位で存在する
たまらない人:意図的に忘れていた借金が数十万単位で存在する


http://news4vip.livedoor.biz/archives/51019078.html

なかなか、面白いと思いました。
posted by のら at 17:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

「続ける」技術 石田淳

毎日少しずつでも続けることは、たいへんなことです。

私も試験の準備などを毎日少しずつやっていきたいと思っているのですがなかなか上手くいきませんでした。

最近では、Google Spreadsheetsに毎日の学習実績を記入しています。

ある試験の目標学習時間、到達学習時間、未到達時間、達成率、日々の学習時間の推移をグラフなど視覚的に分かるようにしてみました。

なんと!わたしでも試験勉強をするようになりました。

今までは、計画だけ立てて終わってしまうことが多かったです。

それに対して、実績を記入することでPlan、Do、See、Check、Actionというプロセスを自然に踏むことが出来るようになりました。

内藤忍先生は日々のピアノの練習の実績を毎日手帳に記入しているそうです。なんと、1年間ほぼ毎日ピアノの練習を(少しずつですが)おこなっているとのこと。

「続ける」技術
「続ける」技術
posted with amazlet on 07.07.31
石田 淳
フォレスト出版 (2006/10/20)
売り上げランキング: 22
おすすめ度の平均: 4.5
4 気付かされました
4 分かりやすい!
3 やっぱり最後は精神力


SHINOBY'S WORLD 続ける仕組み
http://www.shinoby.net/2007/07/post_553.html
posted by のら at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格の憂鬱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。