2007年12月09日

外国債券の購入を検討しているのだが証券会社は?

わたしは外債への投資は主にインデックスファンドを利用しています。毎月、積み立ててきました。

しかし、運用する額がある程度になってくると信託報酬や信託留保財産額が気になってきます。

といわけで、そろそろ積立の金額を減らす方向で考えています。

そこで、外債(ストリップス債やゼロ・クーポン債)を買おうかと考えています。

いま債券投資が面白い!―資産運用の世界を変える債券投資のススメ
前川 貢
近代セールス社
売り上げランキング: 220335
おすすめ度の平均: 5.0
5 素晴らしい内容です


続きを読む
posted by のら at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それでもドル・コスト平均法は使い勝手がいいツールだろ?

山崎元先生の著作です。

山崎元先生は週刊ダイヤモンドの投資の特集などの運用哲学のバックボーン的でもあるように感じます。

ダイヤモンドの連載を読んだりしている方にはおなじみの内容でしょう。

新しい株式投資論―「合理的へそ曲がり」のすすめ
山崎 元
PHP研究所 (2007/10)
売り上げランキング: 5062

続きを読む
posted by のら at 14:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

「長期」「分散」「最適」で考える世界一シンプルな投資法

松本大先生や内藤忍先生などが執筆に参加しています。

家族構成や年齢に応じたサンプルを提示しているのでこれから資産運用を始めてみたいというかたに良いと思います。年齢や今後の収入によってどれだけリスクをとるべきか?国内外の株式と債券に絞って分かりやすく説明してくれています。

特に37歳女性キャリアウーマンがマンションを購入するか否かの判断の処方箋が秀逸だと感じました。

「長期」「分散」「最適」で考える世界一シンプルな投資法
これからの資産形成を考える会
講談社 (2005/12)
売り上げランキング: 46945
おすすめ度の平均: 3.5
4 教科書
4 味のある2章
3 世界一シンプル? う〜ん!

posted by のら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

おばちゃんは年収1億

のらは不動産も好きです。

アパート経営にも興味があります。

そんなわけで国内REITも保有しています。海外REITのファンドの積立もしています。

金持ち大家さんシリーズの浦田健先生の本も好きです。

浦田先生の本はどちらかと言うと、成功事例の紹介が多い気がします。

それに対して、このおばちゃんの本は失敗例や苦労話が自分の体験に基づいて語られています。

専業主婦が年収1億のカリスマ大家さんに変わる方法
鈴木 ゆり子
ダイヤモンド社 (2007/08/31)
売り上げランキング: 2602
おすすめ度の平均: 5.0
5 好きこそものの上手なれ
5 普通の努力の大変さ
5 真正大家さん


非常にインパクトの強い表紙です。
続きを読む
posted by のら at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産っておいしいの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

外貨建て有価証券(外国債券・海外株式)の取り扱いについて野村證券ほっとダイレクトにきいたメモ

○野村ほっとダイレクトでは口座管理料は無料!

○外貨パック、というのに申し込んでおくと外貨建てMMFで償還金や利払い金を受け取れる。

○外貨建てMMFから外国株式、外国債券の買付は可能。ただし、出来るのは同一通貨でコールセンターでの売買のみ。

○既発債の扱いは店頭に近い品揃え。新発債の扱いはほっとダイレクトは少ない。世銀債などに限られ、米国債などは扱いが少ない。

○外国株式はコールセンターでの売買しか出来ない。

○外国債券の買付はインターネットでも、コールセンターでの売買もできる。しかし、外貨建てMMFでの売買はコールセンターでの売買のみ。いつでも、というわけではなく10時から15時くらいまでの間しか取引できない。

○外国株式は特定口座で国内株式等と損益通算可能。

○店頭だと1千万円以上の預かり資産があると外貨建てMMFの為替手数料が半額。ほっとダイレクトも同様。

○外貨建てMMFから外貨建て有価証券の買付は当然為替手数料はかからない。

う〜〜〜ん、いろいろ悩んでいるのですが。。。。

実は野村證券の店頭で特定口座も解説しているのですが某社のTOBのときに使ったくらいで全然使っていません。残高もなし。そろそろ2年を経過します。残高ゼロで2年を経過すると、法律で特定口座は閉鎖されます。

だったら店頭の特定口座は閉鎖してほっとダイレクトで口座開設しようかと思っています。

ちなみに、HPだと分かりづらいのですが提携金融機関間とインターネットバンキングを利用した入出金無料だそうです。通常(店頭型)の野村ホームトレードと同様ですね。

また、ほっとダイレクトから支店への移管は手数料無料で可能だそうです。取扱店の変更という扱いになるようだ。

とりあえず資料請求だけでもしてみますか。。。
posted by のら at 16:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

久々のカブドットコム証券

久しぶりにカブドットコム証券にログインしてみた。

口座を開設した当初、
なんじゃ、このユーザーインターフェースは?
という非常に使いづらいインターフェースだった。

現在は別物と思えるほど改善されていた。

昔は、ごてごてしていて反応速度もイマイチ。
ユーザーインターフェースだけで敬遠してしまった。

だから口座開設したものの結局使わずじまい。

現在はインターフェースに関しても他のオンライン証券大手に引けをとらない完成度だろう。

口座開設したときからこのインターフェースだったらメインにしていたかも。。。

http://www.kabu.com/company/pressrelease/2007/20070928.asp
posted by のら at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。