2008年06月03日

マネックス証券のキャッシュバックキャンペーンが初めての人に教えてあげたいちょっとしたこと

マネックス証券が投資信託のキャッシュバックキャンペーンを始める。

6月9日(月)〜7月25日(金)とのこと。

販売手数料の全額をキャッシュバックしてくれる。
(今夏は【全額】キャッシュバック!夏の投信キャンペーン(2008年5月30日)/マネックス証券)
http://www.monex.co.jp/AboutUs/00000000/guest/G800/new2008/news805o.htm

ちなみにノーロードではない。実質ノーロードにしたければ販売手数料分余分に買う必要がある。

まあ、そんなわけで、普段だったら買わないかもしれない投資信託を勉強のために買っても良いかもしれない。気に入ったらこれを機会に積み手立てを始めても良いしね。

今購入を検討している投信を自分なりに評価してみるてst・・・

続きを読む
posted by のら at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

フリーターの置かれている状況をもう少し理解してもらいたい

著者雨宮処凛の言葉は熱く、時に情熱的で、時に感情的だ。熱く、テンポのいい文章という意味では本田透先生と双璧をなすかも。。。

1970年代生まれの不満不平等感閉塞感を良くあらわしていると思う。

この時代に生まれたやつらはいいことがあまりない気がする。

ロストジェネレーション貧乏くじ世代氷河期世代。ろくな呼ばれ方はされない。

頭数が多いから、受験は大変。それなりにケツを叩かれて勉強させられた連中も多い。

バイトで小金が稼げるころにはバブル景気が終わっていた。時給もシャバくなっていた。

就職するときは就職氷河期新世紀を迎えるころのITバブルでも給料の良い職がめぐってくることはなかった。

すっかり年をとって、三十路を迎えれたときは景気がよくなっていて就職も売り手市場。

でも、自分はろくなキャリアを積まず歳だけとった。

少しまともな企業に勤めていても部下は増えないから雑用ばかり。部下が増えてもチャンスは自分より若いやつらにまわされる。

生きさせろ! 難民化する若者たち
雨宮 処凛
太田出版
売り上げランキング: 5027
おすすめ度の平均: 4.0
4 雨宮処凛の社会派宣言
1 KY・氷河期・60年代
4 プレカリアートを読め
4 責めるだけでは説得力に欠ける
5 興味深い内容

続きを読む

2008年06月05日

ジェネリック医薬品情報をざっくりまとめてみました

生活保護受給者には強制?とか話題になっているジェネリック医薬品(特許が切れた医薬品の後発品)。

ジェネリック医薬品はうまく使えば家計に優しい。マスメディアなどではゲストやコメンテーターに新薬開発の大変さを語らせたりしてやんわりとジェネリックの批判をすることもある。製薬会社の広告を出してもらっている立場もあるのでしょうがない。

とりあえず、この際彼らのことは気にしないことにしよう(; ̄ー ̄A

わたしは医療機関で薬や処方箋を出してもらうとき「ジェネリックでお願いします!」と言っている。

処方薬はジェネリックをお願いすると大分値段が違う(20%〜80%程度だそうだ)。初めてお願いしたときはちょっと緊張した。しかし、イヤな顔をされたことはない。ただし小さな薬局だとジェネリックの在庫をそろえていない、ということはある。

しかし、市販薬でもジェネリック医薬品(後発薬)は想像していたより多いのに最近気がついた。

続きを読む
posted by のら at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 株式投資が止まらない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

プレカリアートを極めた女

プレカリアートセーフティーネットについて詳しく書かれている。

(プレカリアートとはフリーター契約社員などの不安定な雇用状態のものの総称。要はワーキングプア

第6章後半、第7章のぶっ飛んだ議論は別として、プレカリアートが急な解雇や不当な労働状況にどのように闘っていくかが書かれている。再チャレンジの手法、ステップの駆け上がり方も抜かりない。

私もいつプレカリアートになるか分からない。雨宮処凛は自己責任、勝ち組というプロパガンダに踊らされて資格取得に走る私のような庶民に冷や水を浴びせまくる。自己啓発資格取得をめざす行為自体が収奪されるプロセスに組み込まれることを指摘する。

自分はプレカリアートでない。プレカリアートになることはない、と高をくくっている人。そんな人は安泰だろうか?

生きさせろ! 難民化する若者たち
雨宮 処凛
太田出版
売り上げランキング: 6068
おすすめ度の平均: 4.0
4 雨宮処凛の社会派宣言
1 KY・氷河期・60年代
4 プレカリアートを読め
4 責めるだけでは説得力に欠ける
5 興味深い内容


続きを読む

2008年06月07日

いつまでも金融市場を鉄火場と思うなよ

年寄りには買ったり、投資信託買ったり、外債買ったりって言うだけで鉄火場にでも行っているように思うヤツもいる。全世界では証券会社に一度も行かず一生を終える人のほうがはるかに多いのだろう。

で、そういう年寄りはいろいろ質問をしてくる。いちいち、マジメに相手していてもしょうがないのだが、模範解答としては。。。
続きを読む
posted by のら at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 「日記力」を鍛える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

クルマの費用ヤバイ。まず高い。

平成20年6月7日(土)の日本経済新聞の特集・日経PLUS1(プラスワン)で、車を持ち続けるか、手放すか、のアンケート調査があった。

続きを読む
posted by のら at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 「日記力」を鍛える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

マネックス海外ETFの特定口座はまだこれからだ

マネックス投資信託キャッシュバックキャンペーンが6月9日から始まった(7月25日まで)。

興味があったファンドを買ってみた。今まで販売手数料を払いたくなかったから買わなかったヤツだ。再投資コースだと1万円から購入できる。お試しで購入するにはおあつらえ向き。

で、以前から期待のあったマネックスの海外ETFの特定口座扱いに関しては残念ながら当面は見送りになるそうだ。実現すればオンライン証券で初、だったのだが残念だ。

ソース
株をはじめる前に読むブログ:マネックス証券でバンガードの海外ETFを取扱い!?
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/blog-entry-420.html

まぁ、残念がっていてもしょうがないし、せっかくキャッシュバックキャンペーンが始まったので関連エントリをまとめてみた。

続きを読む
posted by のら at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

知らないと損する医療費控除

このブログで大村大次郎先生の節税の本は過去にも扱っているが、これもなかなか実践的。

サラリーマンが控除額を増やす方法が載っている。

教科書的な本なので、税金に詳しい方はすらすら読み飛ばしてしまうかもしれない。

でも、それなりに元税務署職員としての見解が書かれていて役立つ。

なぜあのサラリーマンは税金を払っていないのか
大村 大次郎
リヨン社
売り上げランキング: 73382
おすすめ度の平均: 4.0
4 FP試験後のレビューに


具体的には。。。。
続きを読む

2008年06月12日

Google × ニューリッチ = 最強!!!

ニューリッチの事例研究の本。本書では年収5千万金融資産1億と言っているが。。。内容からすると金融資産10億以上を想定しているのか?
ニュー・リッチの世界 The New Rich World
臼井 宥文
光文社
売り上げランキング: 2505
おすすめ度の平均: 4.0
3 内容は興味深いけど
1 分析が皆無の羅列本
3 これは、まずい。
4 格差社会のもうひとつの極
5 読み物としては最高です。

続きを読む

2008年06月13日

生涯賃金についての試算

転職するときに何を重視する?
仕事の面白みや、キャリアアップも大切だが賃金も大切だ。

現在の仕事の賃金の見込み。転職先の賃金の見込みが計算できないと厳密な賃金の比較は出来ない。

ちなみに、生涯賃金の計算、というとなんか難しそうだがパラメーターはそれほど多くない。

(2008年6月21日一部追加)
続きを読む

2008年06月20日

魁!内藤忍の資産設計塾

私に初めてアセットアロケーションの重要性を教えてくれたのは、たぶん内藤忍先生だったと思う。

その内藤忍先生の新作、というか大幅改訂版。

内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法」(以下前作)の改訂にとどまらず、今までの「内藤忍の資産設計塾」シリーズの集大成的な内容になっている。

【新版】内藤忍の資産設計塾
内藤 忍
自由国民社
売り上げランキング: 2207
おすすめ度の平均: 4.0
4 初心者から上級者までお勧め



続きを読む
posted by のら at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

内藤忍批判の底の浅さについて

おそらく、アセットアロケーションについて教えを請うたら、もっとも分かりやすく説明してくれると思う内藤忍先生。本書はベストセラーであり、ロングセラーでもある資産設計塾シリーズの最新作であり、大幅改訂版であり、集大成でもある。

投資を始めて早い時期で読んでおきたい本。

以前のエントリはこちら
魁!内藤忍の資産設計塾
http://norafp.seesaa.net/article/101160431.html


続きを読む
posted by のら at 15:58 | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内藤忍の資産設計塾をオススメするこれだけの理由

せっかくなので、私が違和感を感じた点についてさらにまとめておく。

いや、断っておくが、「内藤忍の資産設計塾」シリーズはホントにいい本だよ。逆に良い本で実践的で具体的だからこそ、微妙な感覚の違いが気にもなるんだよ。

続きを読む
posted by のら at 16:24 | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

バイ・アンド・ホールド戦略に関する誤解を解いておくよ

単純なバイ・アンド・ホールド戦略の問題点を指摘している。

圧巻は46ページの株式市場マトリックス

100年に及ぶS&P500の投資時期・投資期間・リターンが多色刷りで瞬時に把握できる。

バイ・アンド・ホールド時代の終焉
エド・イースタリング 関本 博英
パンローリング
売り上げランキング: 196154
おすすめ度の平均: 4.0
4 カラーが嬉しい

続きを読む
posted by のら at 16:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 株式投資が止まらない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

外貨建てMMFについて

内藤忍先生の本でも出ているが、外貨建てMMFは外貨預金に比べると税効率が優れている。手数料も安い。為替差益に対しても外貨預金と異なり課税がされない。

しかも、FXのように金利の差のみがスワップポイントとしてもらえるわけではない。金利がもらえる。FXのように総合課税ではなく源泉分離課税だ。

良いことずくめのようだが、欠点もある。


続きを読む
posted by のら at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

ラダー型債券投資に至る病

初心者向けの資産運用の本なんかを見ると外国債券への投資として外債のインデックスファンドや外貨建てMMFが掲載されていることが多い。

確かにこれらはどこの証券会社でも比較的に購入できる。また、使い勝っても良い。

一方で債券の現物に投資するよりも信託報酬などの余計なコストを負担する必要がある。
では、債券の現物に投資しつつ外債ファンドや外貨建てMMFに近い使い勝手を実現するにはどうしたらいいか。

あまり知られていない手法かもしれないがダンベル型ポートフォリオ、ラダー(はしご)型ポートフォリオがある。投資関連の本では触れられることの少ない、債券ポートフォリオについて比較的丁寧に扱っている本に以下がある。

続きを読む
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。