2009年09月07日

三国志で学ぶランチェスターの法則

三国志で学ぶランチェスターの法則」を読んでみた。

わたしは経営の本や戦略・戦術の本も結構好きなのでちょっと期待してた。

三国志で学ぶランチェスターの法則
吉田 克己 江口 陽子
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 157443

続きを読む

2009年09月08日

投資家のためのイカした税金の本が欲しい

最近、投資関連のブログを読んでいて思うこと。

投資ブロガーが気にすること。
アセットアロケーション比率
リバランス
銘柄(あるいはファンド)の選択
各種手数料(信託報酬とか売買手数料とか)

投資ブロガーが気にしないこと(あるいは意識的に気付かないふりをしていること)
税金

損益通算
株式譲渡損の損失繰越
配当所得(申告分離課税と総合課税)
配当と譲渡損の損益通算
この辺の言葉に全く聞き覚えがなかったら少し税金に関心を持っても良いかもしれない。というか、そっちのほうが運用が改善する。続きを読む

2009年09月16日

竹川氏のブログにインスパイヤされて、金融所得課税について書いてみる

民主党は(建前だけでも)方向性としては金融所得総合課税したいようだ。しかし、現実的には総合課税にかかるコストは計り知れない。

続きを読む

2009年09月28日

貯蓄体質家計の極北

9月26日の日経新聞土曜刊日経プラスワンの特集が面白かった。

各家計において
消費体質・・・収入から消費支出を引いた後に貯蓄(投資を含む)が残るか?(収入−消費=貯蓄)
貯蓄体質・・・収入から貯蓄を引いたもの後に消費支出が残るか?(収入−貯蓄=消費)

(収入−消費=貯蓄)は過剰な消費支出や消費の増大を招きやすい。
(収入−貯蓄=消費)のほうが一般に貯蓄体質になりやすい。

消費体質の家計のほうが圧倒的に多いと思っていた。

(日本経済新聞の調査では)半々、といったところだ。


続きを読む
posted by のら at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

お兄ちゃんそこどいて!ドル・コスト信者を納得させられない!

ドルコスト平均法が理論的に有利か不利か、という点ではすでに議論がされ尽くされているのでここでは省く。

で、山崎元氏のドルコスト平均法への見方は非常に冷めている。氏の発言は一貫している。ドルコスト平均法は「有利でも不利でもない」。

超簡単 お金の運用術 (朝日新書)
山崎 元
朝日新聞出版
売り上げランキング: 3594
おすすめ度の平均: 4.5
5 数百万円単位の余裕資金を手軽で堅実に運用したい方に
5 走り読みしかできていませんが・・
4 単純だが説得力がある
5 しごくまっとうな投資入門書
5 投資の入門書

続きを読む
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。