2009年10月01日

「美容整形」という幻想について

洋の東西を問わず、容姿や身長と収入には相関がある。

容姿が問われないように思える教員や警察官などでも収入と身長や容姿との相関は存在する。

で、私みたいに容姿のすぐれない人間は諦めるのが最も現実的な方法だ。

でも、高みを目指すなら現実を変えてしまう、という手もある。美しいことは悪いことではない(と思う)。オリンピックだって美を競う競技はイヤになるほどたくさんある。

セレブな整形
セレブな整形
posted with amazlet at 09.09.28
Z・ポール・ローレンス T・ホール
文藝春秋
売り上げランキング: 79807
おすすめ度の平均: 4.0
4 奥の深い本・・・

続きを読む

2009年10月11日

新興国通貨建て外債の作成方法

永野良佑氏の「ダマされないための投資家術」を読んだ。

個人向けの外国債券(南アフリカランド建ての世銀債など)の生成方法についての記述が面白い。

今まで全然知らなかったのだが、世銀債などでも通貨スワップなどのオプションを利用して作成しているわけだ。投資家には新興国通貨建てで販売する。発行主体は通貨スワップを利用して米ドルやユーロに換えて運用する。

インフレ率の高い通貨だが投資家からすると高金利が魅力的。発行主体からすれば、高金利通貨を利用することでドル建てやユーロ建てよりも低い金利で資金調達ができる。

で、当然仕組みが複雑になる分だけ、発行主体や金融機関の旨みも増えてくる。

通常の米国債は扱わないネット証券がなぜ世銀債とかを注力するわけが何となく見えてくる。

やはり、高金利通貨建ての外債は難しい。

外債の現物への投資をするとなるとやはり先進国の公社債にするべきと思った。まぁ、その手間ももしみたいなら投資信託かETFか。


続きを読む
posted by のら at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

年収10倍アップ筋トレ法

山本ケイイチ氏の「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」を読んだ。

ちょうど1年ほども前に内藤忍氏のブログで以前紹介されていてその時から興味を持っていた。読みたい読みたいと思っていたのだが、後回しになっていた。正直スマンかった。

内藤先生、古いブログのエントリについて墓を掘るような真似をして申しわけないです。それと、奇特にもこんな過疎ブログを読んでくれている方、最近人体改造ネタばかりですみません。

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)
山本ケイイチ
幻冬舎
売り上げランキング: 6052
おすすめ度の平均: 3.5
4 パーソナルトレーナーとの付き合い方
5 6ヶ月間実践した
4 継続は力なり
3 「継続は力なり」を身をもって体験できた
4 筋トレは好きじゃないけど



続きを読む

2009年10月15日

しがみつかない生き方を嗤う者はしがみつかない生き方に哭く

ハイテンションなことを書く自己啓発本。
バラ色の未来が待っているかのような資格取得学校のチラシ。
努力が実った成功者の押しつけがましい感動秘話を垂れ流すメディア。

そんなこんなで、昨今頑張ることを促されることも多い。恵まれている人は努力をしている。

恵まれていないのはがんばらないヲレが悪い。有難いお話は、裏を返せばそう言っている。自己責任ってヤツだ。

しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール
香山 リカ
幻冬舎
売り上げランキング: 45
おすすめ度の平均: 3.5
4 今、ちょうど悩んでいたところ
3 プラス思考という言葉が
5 立ち読みで十分だが・・・
1 お前らな!いい加減にしろよ。星マイナスはないのか?
5 心を自由にする秘訣がここにある


続きを読む
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。