2010年01月06日

なぜ、外国株式のへの投資が少ないか

うーん、一言で言うと積極的に買いたい、と思う金融商品がなかった。

なぜ購入を控えてきたかは下記の通りだ。

海外ETF
1.言葉の壁が心配。はっきり言って私は外国語が苦手だ。
2.為替コストがかかる。
3.特定口座が利用できないし一般口座は確定申告や損益通算がめんどくさい。面倒くさいことはどうせ長続きしない。課税関係の手続きを考えると気が滅入る。
4.特定口座を利用するとには大手証券会社を使うことになる。それなりの費用負担が必要になる。
5.日本人向けと思われる一部の海外ETFは流動性に疑問がある。流動性が低いといざというときに換金に困る。また、機関投資家が参加しない市場では適正な価格形成が期待できない。

投資信託
1.信託報酬が納得できる水準ではない(高い)。
2.一部の低コストを売りにした投資信託は純資産額に疑問がある。純資産額が少ないと信託報酬を安くしたところで、保管費用や取引費用といった他の費用がかさむ。セールスポイントの低コストが意味をなさない。

そんなわけで、今までは外国株式への投資は積み立てを中心にほそぼそとやってきていた。
が、そんな状況も改善されつつあるのではないか?

続きを読む
posted by のら at 22:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 株式投資が止まらない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

アセットアロケーション?ごらんの有様だよ!!(2010.01Edition)

以前書いたアセット・アロケーションから1年以上がたってしまったので現状と今後についてまとめてみたい。年初だし、今度のインデックス投資ナイトのテーマもアセットアロケーションだからね。

でも、悪い見本だから真似しちゃダメだぞ。

現状のアセットアロケーションと将来の目標

114718.jpg

現状 期待リターン4.26% リスク15.13%
将来 期待リターン4.44% リスク14.15%

投資信託の道具箱|ファンドの海
http://tools.fund-no-umi.com/
で測定
(期待リターンは現状の金利や新興国株式の比率を考慮して一部修正して計算)

続きを読む
posted by のら at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

今年もインデックス投資ナイトに参加して来ました

去年と同じように東京テレポートの駅を降りると見たことのある顔が(;・∀・)

カンさん!」とお声をかけると、振り向いてくださいまして、そのまま今日のテーマでもあるアセットアロケーションのお話をしながら会場に向かいました。

続きを読む
posted by のら at 02:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

新興国債券ファンドと海外REITファンドの一部売却を検討中

新興国債券ファンドと海外REITファンドの売却を検討している。

というか、検討せざるを得ない。

実を言うと、積極的には売りたくない。しかし、高コスト体質が如何ともしがたいのだ。

双方とも売買手数料と管理費用の合計(いわゆる隠れコスト)が信託報酬と大差ない。

両方ともインデックスファンドなのだが、隠れコストが原因で売りであるはずの低コストが全然生きてきていない。

できれば、新興国債券というアセットクラスも、海外REITというアセットクラスも保有しておきたい。が、現時点ではインデックスファンドでは納得できるファンドがない。

もう少し純資産額が積み上がってくれれば。。。と思っているのだが、新興国債券も海外REITもなかなか純資産額が増えてくれない。最低30億円、出来れば50億円くらい純資産額が積み上がって、運用が安定してからでないと新しい物に手を出すのはヤバい、というのを再認識した。


ちなみに、アクティブファンドのほうは(インデックスファンドより低コストなので)継続保有する予定。
posted by のら at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

大手証券の旗艦ファンドとおらが町投信の意外な共通点

直販投信の投信会社の再編がなされるらしい。また、最近、日本経済新聞(2010年1月24日朝刊)で旗艦ファンドが取り上げたりもしている。というわけで、この二つについて思っていることの備忘録。

続きを読む
posted by のら at 19:55 | TrackBack(0) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

食糧危機論者が絶対に言おうとしないことを公開するよ

叩いても叩いても湧いてくる食糧危機について分析している。

マスメディアで喧伝されている実態と世界の現状のかい離が面白い。

フードマイレージ地産地消食糧自給率。これらに胡散臭さを感じている人には爽快だ。

「食糧危機」をあおってはいけない
川島 博之
文藝春秋
売り上げランキング: 9219
おすすめ度の平均: 4.0
4 長期的には正しいのだろう
2 データは読者が検証すべき
5 反省しています。
5 タイトルは、くだけているが
3 動的な価格の分析も欲しかったです!



続きを読む

2010年01月27日

おらが町投信が好きな人に悪い人はいない

直販投信の投信会社が合併することになったそうだ。(会社の合併であってファンドの合併ではない。)

かいたく投信
楽知ん投信
浪花おふくろ投信

それぞれ、4億程度の純資産額、3つ合わせても約11億くらいだろうか。

これでは3社が一緒にやっても効率的な運用をするのは難しいのではないだろうか。

続きを読む
posted by のら at 19:50 | TrackBack(1) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

上場MSCIコクサイ株(1680)のあまりの凄さに戸惑いを隠せない

上場インデックスファンド海外先進株式(MSCI-KOKUSAI)、上場MSCIコクサイ株(1680)が本日上場された。

で、配当金の二重課税の問題とかについてだがこちらの記事に詳しい。ちょっと、説明が専門的なのだがこのETF(ホントはETN)を買おうと思っている人や、買おうか迷っている人は読んでおいた方が良いと思う。

投信ニューフェース 『上場MSCIコクサイ株』『上場MSCIエマージング株』(日興AM) - 注目の投信 - 投資信託 - QUICK MoneyLife 投資信託・株式投資の資産運用応援サイト | 株式市況 | 株価 | マネーライフ:
http://money.quick.co.jp/fund/selection/141.html


続きを読む
posted by のら at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。