2010年05月13日

もしドラ?凄いね。帰っていいよ。

オンライン書店の書評では絶賛されているこの本。

で、周りでも読んでみたヤツとかもいて、結局読んだ。

マーケティング的、商品としてはとても良くできている。というのが第一の感想。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎 夏海
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 6
おすすめ度の平均: 4.0
5 ドラッカールネサンス
5 ドラッカーを読んで終わっていた人(自分)にもう一度!
5 元気が湧いてくるビジネス書
3 少し感動
5 ギャップの意外性を有用性の証明に使った良書

続きを読む

2010年05月19日

ルポ貧困大国アメリカ2信者が絶対に言おうとしないことを公開するよ

日本エッセイストクラブ賞を受賞した堤未果著『ルポ 貧困大国アメリカ2』を読んだ。

前作以上に、楽しめた。いやまぁ、突っ込みどころが満載なのだ。

ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)
堤 未果
岩波書店
売り上げランキング: 1090
おすすめ度の平均: 4.0
5 政権交代に希望を託した日本と重なる。
2 前作と比べ進歩しているとは思えない
5 絶対に日本をこうしてはならない、という警鐘
4 病めるアメリカをえぐる
4 行き過ぎた市場主義が招いたものとは


続きを読む

2010年05月21日

世界が認めた若者奴隷時代の凄さ

読売新聞の書評で紹介されていたので思わず買ってしまった(´Д`;)

経済誌や経済関連の新書とか好んで読んでいる人には、特にこれと言って目新しい発見はないかも知れない。

高齢者と若者、という対立軸を扱っている。その割に年齢の定義が結構あいまいだったりする(40代は場合によってどちらにも入ってしまう)。それに、議論もかなり粗暴でおおざっぱだ。

だが、面白い。著者に対しては好き嫌いが分かれるかも知れない。しかし、あたっている参考文献はかなりまともだ。とりあえず、表紙だけでも見て欲しい。

「若者奴隷」時代 “若肉老食(パラサイトシルバー)”社会の到来
山野 車輪
晋遊舎
売り上げランキング: 7007
おすすめ度の平均: 4.0
4 もっと的確な対策を
3 結局は数の論理。
5 ストリキニーネにF
1 個々の主張は正しい。しかし全部足したら正しくなるとは限らない
5 一読するべき。



続きを読む

2010年05月22日

低コストファンドは鬼っ子か?

マネックス証券が低コストファンドとの距離感を計りかねている。そう感じる。

当初、eMAXISはマネックスポイント対象外だった。例外的に対象期限が2010年3月末まではポイント対象(最近気がついたのだがポイント対象期限は6月末まで延期されていた)。

マネックスの動きは信託報酬に対するネット証券各社の思いの裏返しでもある。eMAXISは信託報酬内訳の販売会社分が他のインデックスファンドに比べて低い。本音を言えば、証券会社は積極的には扱いたくない。でも、競合他社が扱っているから扱わざるを得ない。

そんなファンドなのだ。

マネックスは、年金積立、STAM、eMAXISと低コストファンドの販売に積極的だった。しかし、ここに来てeMAXISをマネックスポイントの対象から外そうとしている。しかし、ホントに外して良いのか?顧客の動向、競合他社の動向、販売実績などを見定めようとポイント対象期限の延長に踏み切った。そのように映る。

距離感をどのようにとるべきか悩んでいる。マネックスのeMAXISに対するポイントの扱いはそうした悩みを反映している。そして、同様の悩みを持っているのは他のネット証券もおそらくは同様ではないか?

ヲチしているブログの関連エントリ
吊られた男の投資ブログ (一般人の投資生活):インデックスファンドの低コスト化は限界が近い?
http://blog.livedoor.jp/tsurao/archives/1356200.html
posted by のら at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

もう一つのコツコツ投資

インデックス投資とはまた違う手法でコツコツを成し遂げているJACK氏の本。

ダイヤモンドをはじめとした経済誌でも紹介されたことはあるので知っている人は知っているだろう。

本職は公務員でありながらかなりの資産を築いた人だ。

でも、本書で紹介されている手法はかなりコツコツと取り組む手法だ。

人によってはセコくすら思えてしまうと思う。

・講座開設のキャッシュバックで利益を出す。
・投資信託を買ってキャッシュバック。
・証券会社にお願いして四季報をもらう。
・端株優待をもらう。
・TOBのさや取りで稼ぐ。


そんな手法ばかりだが、目からうろこの手法も結構あった。

まぁ、インデックスに準拠した運用を主とする投資家にはあまりあわないとは思うが、こんな株の楽しみ方もあってもいいんじゃないか?

(好き嫌いは別として)もっと評価されて良い本と思うのだが。。。

元手50万円から始める! 月5万円をコツコツ稼ぐらくらく株式投資術
JACK
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 931
おすすめ度の平均: 4.5
4 色々な投資法が面白い。
4 コツコツ稼ぎたい人にお勧めです
5 初心者にお勧めしたいローリスク投資法
5 まさかここまで書くとは思わなかった。

posted by のら at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資が止まらない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

人生に役立つかもしれない投資信託についての知識

カン・チュンドさんの最新作「資産設計はポートフォリオで考える 投資信託35の法則」を読んでみた。

読んでいてもカンさんの人柄がにじみ出てくるような内容。

このファンドを買え!このファンドがオススメ!的な内容は全く出てこない。

ファンドを選ぶにあたって何を見ればいいのかを分かりやすく書いている。

しかも、本書で良心的なのは他の本ではあまり触れないコストについての説明が丁寧なことだ。

最新 資産設計はポートフォリオで考える 投資信託35の法則
カン・チュンド
ソーテック社
売り上げランキング: 7175
おすすめ度の平均: 5.0
5 資産設計教科書
5 投資信託をはじめなかった理由が解けた
5 賢い投資家になるための、新しい投資信託のテキスト


続きを読む
posted by のら at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。