2011年02月01日

野村アセットマネジメントがいよいよ本気を出すようです

日本経済新聞のホームページに

投資家のあなた
インデックス
  ファンド
って知っていますか?


という、野村アセットマネジメントの広告が出ていたのでちょっとビビった。

野村グループ、野村アセットマネジメントはファンドの新陳代謝が激しい。常に顧客が求めているファンドを提供し続けている。悪く言えば、売れなくなったファンドはさっさと償還してしまう。野村グループにとってインデックスファンドは鬼っ子のように思われていると考えていた。

設定はしているけど、あまり広告もしたいくないし積極的に売りたくもない。

でも、広告が日本経済新聞のホームページに出ていたのでちょっと驚いた。
posted by のら at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

100万円の運用にアセットアロケーションは必要ないか?

前回は少額の投資に時間をかけて、アセットアロケーションをこねくり回すのはあまり意味がない、と書いてみた。

そろそろ若いうちからの投資について一言いっとくか
http://norafp.seesaa.net/article/181378636.html

では、実際に100万円余裕資金ができたらどう投資するか。
続きを読む

2011年02月08日

長期投資にこだわって、利益確定を恐れてはいけない

投資だけではなく、投機もススメる投機指南本。内容が受け入れられるか否かは別として、真面目にドルコスト平均法で毎月積み立てていけばいいかなぁ、という人にもおススメ。


全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦
ジム クレイマー
日本経済新聞社
売り上げランキング: 30907

続きを読む
posted by のら at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資が止まらない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

インデックス投資家の派閥目録

│ 
├─インデックス投資が最良だよ(タカ派)
│ ├─市場は効率的だからアクティブでは勝てないよ(効率的市場学派)
│ ├─世界市場を再現するのが当然だよ(世界市場ポートフォリオ派)
│ │ └年金は国債・日本株中心だから海外投資を優先すべきだよ(年金合算派)
│ ├─長期投資ならリスクが低減するよ(マルキール派)
│ ├─何も考えずインデックスファンドでドルコストだよ(ドルコスト派)
│ ├─新興国は投資しなくても良いよ(新興国投資不要派)
│ │  └反日的な国には投資したくないよ(愛国族)
│ ├─新興国はオーバーウエイトで投資すべきだよ(新興国派)
│ │  ├新興国より未開発な国も投資したいよ(フロンティア派)
│ │  └日本は少子高齢化で未来がないよ(国内悲観族)
│ ├─円で生活するんだから日本への投資は大切だよ(ホームバイアス派)
│ ├─外債も保有すべきだよ(外債容認派)
│ └─商品やREITも保有すべきだよ(ごった煮派)
│ 
├─インデックス投資でなくても良いよ(ハト派)
│ ├─信託報酬が低い投資手法がいいよ(信託報酬重視派)
│ ├─間接費用も含めてコストが低い投資手法がいいよ(コスト重視派)
│ │  ├節税も考えないとダメだよ(節税族)
│ │  ├外国ETFの二重課税は面倒だよ(外国税額控除忌避派)
│ │  ├国内に上場するETFは二重課税が問題だよ(二重課税問題視派)
│ │  └商品やREITは高コストだから不要だよ(アンチエキゾチック派)
│ ├─手数料が低ければアクティブでも良いよ(アクティブ許容派)
│ ├─先進国の高配当株への投資がいいよ(シーゲル派)
│ │  ├外国に投資するのはインデックス以外、めんどくさいよ(消去法派)
│ │  ├日本株は現物だったら信託報酬も掛からないよ(日本株現物派)
│ │  ├日本株は現物だったら株主優待ももらえるよ(株主優待族)
│ │  ├日本の少子高齢化は株価にすでに織り込まれているよ(国内重視派)
│ │  └新興国の株式は割高だよ(先進国重視派)
│ ├─リターンよりもリスクコントロールが大切だよ(リスク重視派)
│ ├─大手金融機関は信頼ならないよ(大手不信派)
│ │  └顧客と運用会社の結びつきが大切だよ(直販派)
│ ├─人的資本も考慮すべきだよ(人的資本尊重派)
│ │  └サラリーマンを債券と考えると全力で株式投資だよ(株式投資全力派)
│ └─外国債券はリターンにリスクとコストが見合わないよ(外債不要派)
│ 
└─儲かればなんでもありだよ(現実派)
   ├ETFは空売りも出来るよ(信用派)
   ├日経225先物もインデックスだよ(オプション派)
   ├口座開設キャンペーンとかにも突撃しちゃうぞ(キャンペーン派)
   ├遊び心がないと飽きちゃって続けられないよ(享楽派)
   ├とにかく続けなきゃダメだよ(継続重視派)
   ├お金の掛からない生活習慣が大切だよ(スタンリー派)
   ├こんなカテゴリー分け自体に意味がないよ(派閥分けウゼー派)
   └つーか、まだ投資始めてないよ(予定は未定派)

続きを読む
posted by のら at 22:38| Comment(8) | TrackBack(1) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

思考実験としてのつみたて投資

星野泰平氏の「半値になっても儲かる「つみたて投資」」を読んだ。

ドルコスト平均法で購入した場合と、一括購入した場合の比較が非常に面白い。巻末の参考資料だけでも読む価値がある。

著者はドルコスト平均法がベスト、と言ってはいない。ドルコスト平均法による定時定額購入は驚くほどリスクを低下させる効果があること説いている(同時にリターンを低下させることも指摘している)。

それを実証するために膨大な数のシミュレーションも同時に行っている。



続きを読む

2011年02月20日

ほったらかし投資術っておいしいの?

アルファブロガーの水瀬ケンイチ氏と経済評論家の山崎元氏の共著。

特におもしろかったのが両者の金融商品(インデックスファンド、ETF)への評価。

楽観的な評価や大甘な評価はマネー誌でよく見かける。水瀬氏と山崎氏の評価はかなり辛口で、金融商品の評価軸として非常に参考になる。

山崎氏の新書は本書以外も非常に論点が分かりやすくまとめられている。これから投資をはじめて見たい人には是非読んで欲しい。

ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド
山崎 元 水瀬ケンイチ
朝日新聞出版
売り上げランキング: 1822

posted by のら at 21:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

配当金の申告はどうする?配当益と株式損失の通算vs配当控除

毎年、確定申告をする際に迷うことがある。

配当控除を受けるべきか、株式の損失と損益通算を行うべきか。

ここでは、特定口座(源泉徴収あり)を前提に話を進めていく。それ以外の口座区分(特定口座(源泉徴収なし)、一般口座)については、異なる点があるかもしれない。

続きを読む

2011年02月22日

確定申告書の記載を終えた

医療費控除、扶養控除、社会保険料控除、生命保険料控除、寄附金控除あたりは多くの人が記入すると思う。

投資家の場合は、これ以外に配当控除などが加わる。

やってみると、結構大きな金額が戻るかもしれない。

申告したことがない、という人は一度試みてみてはどうでしょうだろうか。税制についての理解も深まる。それだけではなく、普段の消費行動や投資戦略も税金を意識したものに変えていくことができる。

2011年02月26日

Facebookのアカウントを解除しようと思っている

実は、昨年の終わりくらいからFacebookのアカウントを取得していた。しかし、最近、アカウントを解除しようと思っている。

始めたころから、漠然とした違和感を感じていた。違和感の正体がなんとなくだが、分かってきた。

続きを読む
posted by のら at 14:15 | TrackBack(1) | 「日記力」を鍛える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

俺は投資戦略の発想法を肯定する

昨年話題になった木村剛氏。残念な結果になってしまったので、ひょっとするとこの本の続編が出ることはないかもしれない。10年近くにわたって、改定を重ねてきたので更新が止まってしまうのは残念だ。

ここでは氏の経営者としての側面には触れず、著書についてのみ書きたい。洋書の経済学の入門書のように各章の最後に要点が載っていて非常に読みやすい本だ。

投資戦略の発想法〈2010〉
木村 剛
ナレッジフォア
売り上げランキング: 18451

続きを読む
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。