2008年08月04日

ファンドラップに全俺が泣いた

家に帰ったら店頭型証券会社のファンドラップ(SMA)のパンフレットが届いていた。

せっかくだからちょっと内容を見てみたよ。
お客様に専用の担当者が付く。10種類程度のファンドからお気に入りのアセット・アロケーションを構築する。

えらべるファンドは。。。。
日本株式
日本債券
先進国株式
先進国債券
新興国株式
新興国債券
グローバルREIT
コモディティ
とか

まぁ、そんなかんじだ。

で、信託報酬が一つ一つのファンドはかなり安め。確定拠出型年金用ファンドに近い水準だ。

まぁ、それまでは良いとしよう。

でも、ファンドラップをお願いすると純資産額に応じて管理報酬が取られる。固定型と成功報酬型があるのだがこれが結構高い。もっとも優遇されているケースでも1.4%以上はとられる。

これでは、ここのファンドの信託報酬の安さは簡単に相殺されてしまう。

1.4%の管理報酬(と一つ一つのファンドの信託報酬)をとられるのだったらバランス型ファンドを買ったほうがいいぞぉ。

それでもさらに自分の思い入れのある投資対象があるのだった別に投資すればいい。

つまり、バランス型ファンド+お気に入りの投資先って感じ。高い管理報酬を支払って柔らかいソファーの応接室で上客気分を味わいたい人以外にはこの組み合わせのほうがはるかに低コストだ。

逆に、たった1.4%の管理報酬でセレブ気分を味わいたいという人にはオススメ。でも実際は、年齢や家族構成や、職業などから適当なパッケージングを選別して薦めるのがせいぜいではないだろうか?



厳しいことを書かせて貰えば、普通の個人投資家レベル、数千万〜数億の金融資産レベルで一人一人に合わせた個人向けの金融サービスを受けるってのは難しい。

というか金融機関にとってビジネスとしても成立しづらい。

金融資産数千万のプチ富裕層が自分にあった運用を相談したい、と思ったら金融機関は不向きだろ。というか、良いカモだ。

あえて、自分に合ったサービスを受けたいのなら独立系FPにでも相談するのが近道か?というか、私はそれもイヤだから自分でFPの資格を取得したわけ。



関連エントリ
ホンネの資産運用セミナー | 野村からインデックスファンドのラップ口座が登場
http://fund.jugem.jp/?eid=631
敗者と勝者のゲームーWinning the Loser's and Winner's Game 出た〜、インデックス・ファンドを利用するラップ口座!
http://haisyatosyosyanogame.10.dtiblog.com/blog-entry-597.html
NightWalker's Investment Blog: ファンドラップ
http://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/2007/10/post_28a1.html


posted by のら at 23:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにちょっとしたセレブ気分は味わえそうですね。
私は今セレブ気分を味わうよりも、一日も早くセレブチックにリタイアしたいので、ファンドラップなんて使いません。
でも、口座数、残高ともになかなか順調に推移してるようですね。 理解しがたいです。
Posted by まーぷー at 2008年08月05日 22:31
多分、富裕層向け、とかプライヴェートバンク、とか逝ったキャッチフレーズにほだされてしまうんでしょう。

でも、一つ一つのファンドは信託報酬は安く良心的でした。ファンドラップは使わず、専用ファンドだけ購入したい、と思ってしまいましたよ。
Posted by のら at 2008年08月06日 18:37
>のらさん
>多分、富裕層向け、とかプライヴェートバンク、とか逝ったキャッチフレーズにほだされてしまうんでしょう。

世界のプライベートバンキング
っというほんを読んだのですが、本来のPBを利用できるようになるには、最低2億必要だったかな?
って記載されていました。

Posted by silencejoker at 2008年08月17日 02:25
会社四季報とかで、証券会社等の金融機関の平均賃金を見て、ファンドの信託報酬を見てざっくり計算すると、そのくらいかもしれませんね。

2億で管理報酬を資産の1%とすると、報酬は200万。

1人の担当者が20人を仮定して1人の担当者の売上は4000万。

もろもろの経費で75%が消えると仮定して担当者の賃金が年間1000万(税込み)。

ざっくりと計算すると確かに2億円程度かもしれません。
Posted by のら at 2008年08月17日 18:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。