2008年10月18日

さすがブラック会社! おれたちにできない事を平然とやってのけるッ

インターネット掲示板発の小説、と身構えないで読むと多分楽しめると思う。

スレが立ってから完結するまでが時間的に短い、登場人物のキャラが立っている、ライブではなく過去を回想する形で現在に到る、話の結末が出来すぎているなど??な点は多い。

電車男の後日談、映画や書籍になっている部分のさらに先を知っている者にとってはラストが不自然にも感じる。

きれい過ぎて、ほとんどの人物が成長を遂げハッピーエンドで終わる。

口の悪い人は、やらせではないか?出版社が仕掛けたのではないか?などなど。版元や広告代理店の「仕込み」や「しかけ」の存在を嗅いでみるのも悪くはない。

しかし、余計なことを考えず中卒ニートだった主人公が母の死をきっかけに資格を取得して就職し、初めて遭遇する社会人としてのトラブルを乗り越えて成長していく過程が単純に面白い。

しかもモニターで読むのと違って、本で読むと密度が濃い。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
黒井勇人
新潮社
売り上げランキング: 11219
おすすめ度の平均: 3.0
2 ただのフィクション
5 ちょwww
4 ドラマ化されそうなほどキャラぞろい
1 残念ながら本として読めない!
4 数々の困難に発狂寸前。


ちなみに、お気に入りのキャラは上原さん(ワキガ)。

仕事は出来るんだが、コミュニケーション能力にちょっと問題がある(吃音)。メンタルヘルスにも問題がある。病院に通院している。リポビタンDを大量に飲み机の上に並べたりする珍妙な性癖がアル。

他のベテラン社員にいじめられていたが、野心家の木村が入社して成り上がる際に味方に取り込みいじめが終息していく。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108270369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。