2009年01月31日

大和証券とジョインベスト証券と野村證券とほっとダイレクト支店と

以前の関連エントリからの続き
ジョインベスト証券と野村のリテール部門と統合して債券でも売ったらどう?
http://norafp.seesaa.net/article/113365759.html
ジョインベスト証券が野村のリテール部門統合に全俺が泣いた
http://norafp.seesaa.net/article/113365064.html

:::::::::::::::
野村證券の個人向けネット販売網はあまり成功しているようには見えない。

後知恵になってしまうが、既存支店の価格体系を維持するための戦略が裏目裏目に出ているように見えるのだ。

野村ファンドネット証券
ジョインベスト証券
野村證券ほっとダイレクト支店

いずれも野村の各支店よりも安い手数料や異なる品揃えをしていた。

しかし、これら支店や証券会社に口座を開設しても野村證券の既存口座との統一的な管理は出来ない(または困難)。

これでは不便だ。

既存店舗の手数料を維持するために別の証券会社や支店を立ち上げたのだと考える。しかし、既存支店で口座を持っている顧客がわざわざ移行するだろうか?また、ネット証券として確固たる地位を築きつつあるネット証券大手5社を選ばず、野村の子会社やオンライン支店をわざわざ選ぶか?

ちなみに、大和証券は既存店舗で口座を開設しているものに対してダイレクトコース、という形でネットでの取引も紹介している。手数料が店頭の70%引き!というアピールはかなり効いているのではないか?(ネット専業証券に比べるとそれでもやや高めだが。。。)しかも既存の支店の口座がそのまま利用できる。つまり顧客の好みでネットも店頭も移動が出来るわけだ。口座を新規に開設したりする必要もない。

つまり大和証券の顧客は支店もネットも好みで使える。しかもネットも割安感を打ち出してきた。

野村HDは既存店舗とネットを完全に隔離する戦略をとって、取引形態ごとの手数料のを保持しようとしてきた。

今までところ大和証券の戦略に分があるように見える。
この記事へのコメント
なんだか、野村證券って聞くと手数料が安いイメージがしませんもん。

ジョインベストはそのままがいいような気がします。
Posted by silencejoker at 2009年02月05日 22:59
わたしの理想としては、外国株式の特定口座での取扱や債券の取扱をジョインベストでやってほしい、と思っています。まぁ、でも統合するって発表しているんだし、難しいかな。
Posted by のら at 2009年02月05日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113366040
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。