2009年04月08日

「しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった! 」を読んでみた

何より、重要なのはこの本が金融危機の後に書かれた本である、ということです。

金融危機で分散投資や長期投資への疑問が呈されるようになっています。本書ではそうした本に対する答えを用意しています。

しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!
田村 正之
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 12313
おすすめ度の平均: 5.0
5 データが豊富
4 初めて知ったことも多かった
5 とっても勉強になりました
5 本当は「賢い」投資術です!



ドルコスト平均法が魔法の杖ではないことも指摘しています。

基本書を読み漁ってしまった方には、新たな発見は少ないかもしれません。でも、自分の方針を再確認するために読んでおいて良い本だと思います。

ちなみに、最近更新が滞りがちになってしまっています。

7年間使っていた自作機が壊れました。そのためパソコンを自作したり趣味に没頭していたり、ということに余暇を費やすことが多くなりました。

期待してくださっている方には申し訳ないのですが、最近、投資関連の本を読む機会が減ってきています。

逆に増えているのは、ノンフィクション、経済、投資とは全く関係ない趣味など。

しばらくはこのくらいのペースでの更新が続くかと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117085674
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。