2009年07月21日

やっぱり不幸な人間の製造工場が好き

不幸な人間の製造工場」というタイトルはなかなか挑発的だ。

しかし、挑発的なタイトルに惹かれて読むと肩透かしを食らう。

ハーバード近辺の書店から撤去された、と書かれているのが疑わしいほど冷静で中立的な議論がされている。

昨晩(2009年7月21日)見た、NHKスペシャル「マネー資本主義 最終回 危機を繰り返さないために」のほうがよほど批判的で中立性を欠く内容だ。


ハーバードビジネススクール 不幸な人間の製造工場
フィリップ・デルヴス・ブロートン
日経BP社
売り上げランキング: 475
おすすめ度の平均: 4.5
5 部分的には批判的だが、全体としては批判的でない
4 批判精神を失わなかった著者のハーバードMBA留学記
5 MBAに対して幻想を抱いているすべての人に推奨できる

プログラムに参加する面々、MBAのカリキュラムの特徴、精神を病む者もでる過酷さが伝わってくる。

その一方で、結局元の職場かそれに隣接する分野にしか就職できない卒業生の実態も書かれている。プライベートエクイティや投資銀行に就職したいものはハーバードビジネススクールの卒業生、というだけでは評価に結び付かない。

かつて、プライベートエクイティや投資銀行で働いていてHBSの卒業生でなければ就職できない。

就職ができるのはお勉強ができる子よりも実務経験があるヤツ、ってわけだ。

そうした中で、お金を(たくさん)稼ぐために(家族や人間らしい余暇などあらゆるものを犠牲にしても)エリートビジネスマンという役割を演じ続け働くべきなのか、という著者の苦悩が伝わってくる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123988191
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。