2009年09月08日

投資家のためのイカした税金の本が欲しい

最近、投資関連のブログを読んでいて思うこと。

投資ブロガーが気にすること。
アセットアロケーション比率
リバランス
銘柄(あるいはファンド)の選択
各種手数料(信託報酬とか売買手数料とか)

投資ブロガーが気にしないこと(あるいは意識的に気付かないふりをしていること)
税金

損益通算
株式譲渡損の損失繰越
配当所得(申告分離課税と総合課税)
配当と譲渡損の損益通算
この辺の言葉に全く聞き覚えがなかったら少し税金に関心を持っても良いかもしれない。というか、そっちのほうが運用が改善する。とくに、証券系の人の本は税コストについての記述が大雑把。あるいは意識的に税金の話題を避けている。

でも、ホントとは税金ってすごく大切なんだよ。税金をたくさん納めてもらって国のお財布が温まることは国民としてはとってもありがたい。でも、投資家にとっては確実に運用の効率を下げていく。

たとえば、リバランスをしようとして値上がりした投資信託を売却したとしよう。

値上がりした投信から10%を源泉徴収される。

逆にリバランスしようとして値下がりした投信を売却したとしよう。

確定申告をしないと売却損は翌年以降3年しか持ち越せない。申告しないと異なる口座、異なる年の損益通算もできない。

課税当局は儲けたときは税金を取るけど、損した時は黙っていると知らんぷりをする。

だから、売買をして利益を出したら、他で損失を出すなどして申告時の損失(または利益)を小さくするようにしないとならない。

いや、べつに絶対ではないのだが税負担が重くっなてくる。それは確実に運用成績の首を真綿で絞めることになる。

無意識になんとなくリバランスしたりしていると損してるのに税金は払っている、っていうすてきな状況もできてしまう。

投資家は二つのコストを常に意識する必要がある。
一つは金融機関に支払う手数料等。
一つは課税当局に徴収される税金。

手数料は比較的意識している人が多い。事前に数字で何パーセント、とかはっきり表示されるからわかりやすい。

それに対して税金は金融機関の人も分かっていなかったり、間違えたこといって怒られるのも嫌だし、面倒だから説明をしなかったりする。

しかもほとんどの税金は源泉徴収で完了させようと思えば完了させられちゃうから金融機関も課税当局も投資家も面倒ごとは避けようとする。リバランスで税負担が発生しても金融機関の腹は痛まないから、積極的にリバランスを勧めてくる。それにリバランスって言葉もなんかかっこいい

節税ってなんか地味だし、かっこ悪いよね。タックスコントロールとか言い換えればいいのか?

そんなわけで、投資家の支払う税金について突っ込んで書いている本ってとても少ない。

一応、お勧めとして安間伸氏の本がお勧め。税引き後の投資収益を最大化する方法を模索している。

売買の頻度と税コストのシュミレーションは他の本では見かけることは少ない。

リバランスを行った場合とバイアンドホールドの比較は痛快だ。

ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇
安間 伸
東洋経済新報社
売り上げランキング: 126767
おすすめ度の平均: 4.0
2 カラクリ=「税制のカラクリ」
4 改めて税金について考えさせられる
5 手数料と税金がカナメであると説く。
4 「まさに近視眼的税制!!」
5 個人投資家に不利な税制



2003年とちょっと出版から時間がたってしまっている。税制改正を何度か経ている。挙句政権与党も変わっちまった。だから、今日の税率や制度と異なる点も多々ある。

ただ、投資家が税金と付き合う基本的な考え方を学ぶにはおそらくベストな本だ。

というか、この本の後に続くような本をだれか出してほしいのだが。。。

税金に関する話題は有名ブログでもあまり扱われることは少ないように感じる。

難しいから、敷居も高い。華がないから面白くもない。ある程度体系的な知識がないと理解できないなどネタとしての旨みがないといえる。

そんな中でも税に関して積極的に話題にしていると思われるブログとかを紹介してみた。
株をはじめる前に読むブログ
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/
投資十八番 
http://stockkabusiki.blog90.fc2.com/
Passiveな投資とActiveな未来
http://pension.blog88.fc2.com/
PALCOMの海外投資塾
http://palcomhk.blog79.fc2.com/

Werder Bremenさんのコメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127531992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【読書メモ】ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 安間伸
Excerpt: 今年53冊目。満足度★★★☆☆ 私もたくさん読んできた投資本。昔は、「儲かる銘柄
Weblog: レバレッジ投資実践日記
Tracked: 2010-05-09 20:42
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。