2009年09月29日

お兄ちゃんそこどいて!ドル・コスト信者を納得させられない!

ドルコスト平均法が理論的に有利か不利か、という点ではすでに議論がされ尽くされているのでここでは省く。

で、山崎元氏のドルコスト平均法への見方は非常に冷めている。氏の発言は一貫している。ドルコスト平均法は「有利でも不利でもない」。

超簡単 お金の運用術 (朝日新書)
山崎 元
朝日新聞出版
売り上げランキング: 3594
おすすめ度の平均: 4.5
5 数百万円単位の余裕資金を手軽で堅実に運用したい方に
5 走り読みしかできていませんが・・
4 単純だが説得力がある
5 しごくまっとうな投資入門書
5 投資の入門書

一般に投資理論を扱う人ほど、ドルコスト平均法に冷めた意見をする人が多い。逆に実務家はドルコスト平均法を指示する傾向がある。FPのテキストなどでは、ドルコスト平均法はあたかも平均取得価格を下げる手法の一つのように紹介されている。

で、私自身はドルコスト平均法は(理論的には)「有利でも不利でもない」と考えている。

しかし、実務上はドルコスト平均法はやはり有利だと思っている。

理由は以下。

1.相場が激しく上げたときは自動的に少量を買い、暴落するときは大量に買う。ドルコスト平均法を使わないと、相場を後追いしてしまい、暴騰した時に買う。暴落すると怖くなって売る、という投資行動をとってしまう投資家は少なくない。

こうした投資行動を繰り返していると、いずれ退場を余儀なくされるし、今回の金融危機でもあまたの投資家が消えていった。ドルコスト平均法で投資を続けると機械的に買い続け、(結果的に)逆張りができる。

2.毎月の給与から確実に引かれる。つまり、ドルコスト平均法で積み立てた残額で消費をすることになる。収入−貯蓄(投資)の残額で消費を行う家計は貯蓄(投資)体質になりやすい。恐らく、ドルコスト平均法の真価はこちらにあるのではないか?

そんなわけで、山崎元氏は理論的には正しいが実務的には間違っている。そう思っている。

ちなみに、誤解してほしくないのだが私は山崎元氏が好きだ。氏の大胆な物言い、セルサイドに媚びない態度は尊敬に値するし、わたしの目標でもある。

ヲチしているブログの関連エントリ
ドルコスト平均法って、定期的に投信を買わせるための売り文句なの? | rennyの備忘録
http://renny.jugem.jp/?eid=1190
この記事へのコメント
有利でも不利でもない、だけども、毎月入ってくる給料から購入する方法に「ドルコスト平均法」なんてしゃれたネーミングが付いているだけだ!

っとわたしはおもっています。
Posted by 矢向 at 2009年10月09日 23:29
つまらない話をすると米国で生まれた名称をそのまま日本語にしたのでドルコスト平均といわれているそうです。

無理に意訳されていると、定時定額買付とか、定期累積投資とかってあまり可愛げのない名前になっていたかもしれませんね。
Posted by のら at 2009年10月09日 23:57
そうなんですよ〜。

毎月給料をもらえるならその中から少しずつ使いつける。一気に買うには、それだけまとまったお金を用意して、素人感で時期を読まないといけない。

そんな時期感なんて誰もわからない!
だからドルコストという名の「定期買い付け資産構築法!?」を実践するのです。

それと、最近感じるのは、「インデックス投資」ではなく、「(アクティブ系と比べて)安くて安心投信」なのかなとも思っています。
Posted by 矢向 at 2009年11月15日 12:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129068091
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。