2010年01月27日

おらが町投信が好きな人に悪い人はいない

直販投信の投信会社が合併することになったそうだ。(会社の合併であってファンドの合併ではない。)

かいたく投信
楽知ん投信
浪花おふくろ投信

それぞれ、4億程度の純資産額、3つ合わせても約11億くらいだろうか。

これでは3社が一緒にやっても効率的な運用をするのは難しいのではないだろうか。

自分の町に拠点があるだけの投信への投資が、なぜ地域の活性化になるのだろうか?頭のワルい私はこの点がよく理解できない。

自分の町の企業に投資しる!っていうのならまだ理解も及ぶ。

しかし、自分の町の投信に投資すると地域の活性化になる?なぜ、投資信託委託会社が自分の地域にある必要があるのだろうか?おらが町投信の投資先はおらが町の企業ではない。

自分の町の活性化に貢献したいんだったら、地域のファンドに投資するなんて回りくどくて奥ゆかしいことをする必要はない。

地元企業の株式や債券を買ってもいい。自分の地域に投資するファンドだったら外国籍でもいい。ふるさと納税だって個人向けの地方債でもいい。

拠点を統合・集約することで、おらが町という看板も怪しくなってしまうのではないだろうか?っていうか元々おらが町に投資するわけでもないのにおらが町を名乗るのはどうかと思うんだが。。。

3つのファンドにはそんな邪推は裏切って成長して欲しいと思っている。

関連エントリ
大手証券の旗艦ファンドとおらが町投信の意外な共通
http://norafp.seesaa.net/article/139520377.html

ヲチしているブログの関連エントリ
吊られた男の投資ブログ (一般人の投資生活) : 『おらが町投信』3社が合併
http://blog.livedoor.jp/tsurao/archives/1296654.html

おらが町投信、3社合併 - About Money,Today
http://blog.goo.ne.jp/m-takekawa/e/5823e32129f74e8bdf062458f0d820b8

クローバー・アセットマネジメント株式会社: NightWalker's Investment Blog
http://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/2010/01/post-6614.html

長期運用時代の大本命!ファンドオブファンズ入門
澤上 篤人 村山 甲三郎
実業之日本社
売り上げランキング: 383191
おすすめ度の平均: 3.0
3 自分でポートフォリオ
4 ファンドの良き入門本
2 理屈が合っているのでしょうか



posted by のら at 19:50 | TrackBack(1) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139520068
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『おらが町投信』3社が合併
Excerpt: 今日の投資信託ニュースはこれでしょう。 かいたく投信 楽知ん投信 浪花おふくろ投信 おらが町投信として知られているこの3つの投信会社が合併するようです。 「かいたく投信」のリリース 「楽知ん..
Weblog: 吊られた男の投資ブログ (一般人の投資生活)
Tracked: 2010-01-27 22:33
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。