2010年02月19日

友達には秘密にしておきたい生命保険のカラクリ

ライフネット生命副社長の岩瀬大輔氏の本。

生命保険は周りが入っているから、とか付き合いとかで加入する人が多いそうだ。また、加入の理由も、「いくら必要になるから」というよりも「いくらもらえるから」ということになりがち。

しかし、本書では加入する際にいくら必要か?という必要保障額を出したうえで、公的保険や貯蓄等の他の資産でも対応しきれない分を掛け捨ての生命保険で対応することを勧めている。生命保険は付加保険料(生命保険会社の各種費用や儲け)が多い、買い手にはかなり不利や商品設計になっている。

生命保険は、一生涯で数百万円支払うことになる高額な買い物なのだ。

営業マンのセールストークに乗せられて生命保険の契約をした人の話は読んでいて気の毒になったよ。本当は万人向けのプランなのを、親切な営業マンが作った自分専用のオーダーメイドプランと勘違いしているの。

生命保険のカラクリ (文春新書)
岩瀬 大輔
文藝春秋
売り上げランキング: 678
おすすめ度の平均: 4.0
4 悪党が最も利用しやすい便利で永久的な巣窟。
4 起業家の記録としても興味深い
3 評価は分かれそうですね。
5 経済学に興味がある人にとっても
4 タイトル通り

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。