2010年05月22日

低コストファンドは鬼っ子か?

マネックス証券が低コストファンドとの距離感を計りかねている。そう感じる。

当初、eMAXISはマネックスポイント対象外だった。例外的に対象期限が2010年3月末まではポイント対象(最近気がついたのだがポイント対象期限は6月末まで延期されていた)。

マネックスの動きは信託報酬に対するネット証券各社の思いの裏返しでもある。eMAXISは信託報酬内訳の販売会社分が他のインデックスファンドに比べて低い。本音を言えば、証券会社は積極的には扱いたくない。でも、競合他社が扱っているから扱わざるを得ない。

そんなファンドなのだ。

マネックスは、年金積立、STAM、eMAXISと低コストファンドの販売に積極的だった。しかし、ここに来てeMAXISをマネックスポイントの対象から外そうとしている。しかし、ホントに外して良いのか?顧客の動向、競合他社の動向、販売実績などを見定めようとポイント対象期限の延長に踏み切った。そのように映る。

距離感をどのようにとるべきか悩んでいる。マネックスのeMAXISに対するポイントの扱いはそうした悩みを反映している。そして、同様の悩みを持っているのは他のネット証券もおそらくは同様ではないか?

ヲチしているブログの関連エントリ
吊られた男の投資ブログ (一般人の投資生活):インデックスファンドの低コスト化は限界が近い?
http://blog.livedoor.jp/tsurao/archives/1356200.html
posted by のら at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150720571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。