2010年05月31日

人生に役立つかもしれない投資信託についての知識

カン・チュンドさんの最新作「資産設計はポートフォリオで考える 投資信託35の法則」を読んでみた。

読んでいてもカンさんの人柄がにじみ出てくるような内容。

このファンドを買え!このファンドがオススメ!的な内容は全く出てこない。

ファンドを選ぶにあたって何を見ればいいのかを分かりやすく書いている。

しかも、本書で良心的なのは他の本ではあまり触れないコストについての説明が丁寧なことだ。

最新 資産設計はポートフォリオで考える 投資信託35の法則
カン・チュンド
ソーテック社
売り上げランキング: 7175
おすすめ度の平均: 5.0
5 資産設計教科書
5 投資信託をはじめなかった理由が解けた
5 賢い投資家になるための、新しい投資信託のテキスト



・信託財産留保額
・信託報酬以外の売買委託手数料や有価証券取引税、保管費用等

これらは説明がめんどくさかったりする。だから多くの入門書では適当に流していたりであまり触れないことが多い。

・信託財産留保額はファンドを売却または解約または購入する人が投資信託そのものに支払うペナルティー。よく勘違いしている人が多いのだが、販売会社や運用会社に支払うコストではない。支払う相手は他のファンド保有者だ。

・投資信託で保有中にかかる費用は信託報酬だけではない。売買委託手数料や有価証券取引税、保管費用等といった(いわゆる)隠れコストがかかる。この点について書いている本も少ない。

これらのことについて明確に書いている点が良心的だ。

今まで、投資信託についてざっくり知りたければ朝倉智也氏の「投資信託選びでいちばん知りたいこと」がベストではないか、と思っていた。カンさんの本はそれ以上の完成度だと思う。

ちなみに、本書のなかで紹介されているアセット・アロケーションは海外株式が高めで、日本株が低めのアセット・アロケーションが多い。

カンさん自身が無国籍人を名乗っているだけあり、ホームバイアスが良くも悪くも少ない。その分、為替リスクは多く引きくけることになるだろう。

また、新興国の割合が多いのもの、インデックス投資ナイトなどに参加している方は知っていると思うがカンさんの提示するアセット・アロケーション例の特徴だ。

この辺のアセット・アロケーションについては将来を先取りしたカンさんの考えも参考になる。世界の時価総額に近づけたりするのもありだと思う。山崎元氏や内藤忍氏、竹川美奈子氏など専門家の考えも参考になる。

しかし一番大切なのは自分で考えアセット・アロケーションを組みことだ。誰かのアセット・アロケーションを模倣するのではなく自分の考えや趣味、世界観、将来へのビジョンを反映したアセット・アロケーションを組む。人のを模倣すると、暴落したときに模倣した誰かに責任をなすりつけて投資をやめてしまったりもする。だから、自分で考えて自分で考えることが大切だ。

以前カンさんと話したときにそんなことを仰っていたのを思いだした。

カンさんのブログ
カン・チュンドのインデックス投資のゴマはこう開け! 「投資信託35の法則」に託した思い:
http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-916.html
posted by のら at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拙著をブログでご紹介いただき、
ありがとうございます!

今回は「これでもか」というくらい、
投資信託の中身を掘り下げて
追求してみました。
(でも、結局はアセット・アロケーションに
行き着くのですね。。)

追記
先日のコツコツ集まる夕べ、お疲れさまでした。
Posted by カン・チュンド at 2010年06月06日 08:44
読者としてはどのファンドを買えばいいのか?というのが一番手っ取り早く知りたいことかと思います。

著者としても、具体的に商品名を出してしまえば書くのが大分楽になるように思います。

しかし、どのファンドが一番、というのは(同じインデックスのファンドでも)時期によって変わってきてしまいます。時期によって変わる、というのは本の陳腐化が早い、と言うことでもありますよね。名著は陳腐化しないんですよね。

ちなみに、私自身もホームバイアスについて(拙ブログを通じるなどして)自問しています。

コツコツ投資家の夕べ楽しかったですね。また、時間が取れたら行きたいです(´∀`)
Posted by のら at 2010年06月06日 16:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151689928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。