2010年07月30日

投資の前に大切なのは支出のコントロール

コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べで知り合った、TravelBookCafeさんが紹介していて興味を持った本。
http://d.hatena.ne.jp/travelbookcafe/20100616

夫婦で年収600万円をめざす! 二人で時代を生き抜くお金管理術
花輪 陽子
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 1456
おすすめ度の平均: 4.5
5 夫婦で人生設計するのが楽しくなります
4 読みやすい
5 夫婦での効率的なお金運用方法
5 二人でやるということが重要
5 不安な時代だからこそ読みたい一冊です



難しいことは書いていないし、分かりやすい。投資についての本、というよりも投資を始めるための本。この本は投資を始める前にこそ読んでもらいたい。

今は1,000円単位で投信の積み立てもできる。だから、貯金があまりない人がいきなり資産運用を始めることも不可能ではない。

それでもある程度の現金はあったほうがいい。種銭や生活防衛資金、キャッシュポジション、言い方は様々だ。現ナマがあったほうがリスク許容度が高くなる。

投資から得られる将来のリターンは不確実だけど、節約で得られるリターンは確実だ。だから、自分のお財布を見つめ直すことは大切だ。収入を増やすのは容易ではない。自分で収入はコントロール出来ない。長期的にはキャリアアップやスキルアップの可能性もなくはない。しかし、短期的に収入をコントロールするのは不可能に近い。私がいくらがんばったからといって、クライアントが契約額を上げてくれるかどうかは分からない。

節約は心を貧しくする、と思っている人もいるようだが、それは大きな誤解だと思う。

現在や将来の支出に対して優先順位をなるべく明確に設定する。目標を意識してキャッシュフローをコントロールすれば、いざ必要なときにお金がない、って悩むことは減る。

これでも、分かりづらかったらこんな感じに考えてみよう。

今、子どもにバレエとピアノとスイミングを習わせる必要があるのか?今、支出を惜しまないと、将来私立の学校に行けなくなる可能性が高い。バレエもピアノもスイミングもそんなに優先順位が高いのか?それとも、将来の進学が大切?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。