2010年07月31日

労働市場にまた脆弱性が発見されました

上が詰まっているとか、部下がいないとか、年長者が多く、若い人が少ない。そんないびつな組織と現在の労働市場の問題点を例を用いて分かりやすく解説している。

実際に労働市場規制緩和が行われたらどうなるか?というシミュレーションも働く人の現場の例を通じて描いて見せる。

今の仕事に閉塞感や行き詰まり感を感じるなら読んでほしい。労組が描きたがる労働者と資本家という対立軸は既に存在しない。自分が誰と利害が対立し、誰と利害を共有しているかがよくわかる。

7割は課長にさえなれません (PHP新書)
城 繁幸
PHP研究所
売り上げランキング: 14337
おすすめ度の平均: 4.0
4 労働市場を流動化しないと日本は滅ぶ
5 若者3部作の最終作
5 終身雇用・年功序列制度を改めなければ
4 社会全体の緩やかな下降
5 7割は課長にさえなれません

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。