2010年11月25日

FPの2級・3級の試験勉強

たまにはFPの試験勉強について書いてみる。

というのも「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」や「インデックス投資家交流会」で何度か聞かれた事があるのだ。試験勉強が難しいか?とか役に立つか?とか。それに、29日が次の試験の申込締切だから、迷っている人への指南にでもなれれば、というおこがましい思いも少しある。

私に聞いてきた人たちは竹川美奈子さんやカン・チュンドさんや花輪陽子さんといった本物のFPの実務家と話す機会もあったりする人たちなので、実務家がどんな仕事をするのか、は何となく想像が付いている人たちだろう。もっとも、このブログを書いている者の様に実務とは程遠いところにいる人も多数いる。その点は留意してほしい。

で、私自身はFP協会のAFP、CFPは持っていないし、受検もしたことはない。というわけで、金融財政事情研究会FP技能士について書いていきたい。

で、試験が難しいかどうかだが、働きながら努力次第でだれでも合格できる試験だと思う(もちろん独立できる、という意味ではない)。ある程度まとまった額のお金を運用するんだったら、自分のために取得するというのは十分アリだと思う。

逆に言うと、1級になるとややオーバースペックだ。普通の給料暮らしのサラリーマンが自分のお金のために取得する資格ではない。

1級はどちらかというと相続対策や土地の有効活用、後継者への事業の承継など富裕層を想定した内容が多い。


で、勉強方法はとにかく過去問を何回も回すこと。

科目ごとにさらっと学習したらひたすら過去問題にあたる、という地道な方法がベスト。過去問を解いていてわからない点があったら再び参考書に戻って理解を深める。その繰り返し。3年分程度の過去問を3回転、4回転させれば結構な得点がとれるはずだ。年3回ある試験だから、3年分といってもかなりの量になる。

問題集だがベストはきんざいの「パーフェクトFP技能士」シリーズかな。参考書は何を使っても良いと思う。自分の得意な分野の解説を見てみて分かりやすいものがいいだろう。私が受検したころは「FP技能士試験最短集中ゼミ」が定番だったが、今は「スッキリわかる FP技能士」シリーズが定番だ。

ところで最近、面白いサービスが始まっている事を知った。

栗本大介のFPスクール
http://fp-school.net/

FP技能士2級・3級の対策講座を無料公開。ホームページに掲載してあるテキストを購入する場合だけ、テキスト代がかかるというビジネスモデルだ。

少し聴講してみたけどなかなかしっかりした内容だった。

FPの試験に興味があると言う人は取りあえず、無料で聴講してみてはどうだろうか。気に入ったらテキストを買っても良いし、テキストの価格に納得がいかなかったら他社の市販のテキストを使ってみても良いと思う。
posted by のら at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格の憂鬱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。