2011年01月05日

アセットアロケーション?ごらんの有様だよ!!(2011.01Edition)

以前書いたアセット・アロケーションから1年以上がたってしまったので現状と今後についてまとめてみたい。年初だし、インデックス投資ナイトもあるからね。

でも、悪い見本だから真似しちゃダメだぞ。

今年の投資方針についてざっくりまとめると。。。

以前よりもマシになったが、日本株の比率高すぎ。ホームバイアスかけ過ぎ。

こいつらの修正が今年の方法だ。基本方針として、リバランスのために資産の売却はしない。新規の投資資金を利用して修正をしていく。

コストが高い、外国債券(新興国を含む)に関しては追加の投資は凍結する。海外REITやコモディティも同様に新規の投資は凍結。

MONEX VISION βでは今の資産に1割追加して外国株(新興国3:先進国1)を買うとリターン向上、リスクも低下、という有難い御言葉を頂戴した。


現状のアセットアロケーションと将来の目標
20110105アセット・アロケーション - コピー (2).png

昨年 期待リターン4.26% リスク15.13%
現状 期待リターン4.34% リスク14.88%
将来 期待リターン4.44% リスク14.15%

投資信託の道具箱|ファンドの海
http://tools.fund-no-umi.com/
で測定
(期待リターンは現状の金利や新興国株式の比率を考慮して一部修正して計算)
●一番大切だと思っていること
…まず、一番の不安要因は運用を途中でやめること。続けるのがイヤになること。飽きること。絶望すること。

そうならないように、不安要素はなるべく排除。と言っても何か難しいことをするわけではない。

健康に気をつける、車に気をつける、ヤバそうなやつには近づかない、とかだ。

それと、資産運用や仕事にのめり込み過ぎないこと。頑張りすぎて燃え尽きないこと。一つのことばかりヤっていると視野を狭め短期的な視点で行動してしまいそうだから。



▽基本方針▽
・収入を予測した上で各アセットクラスに投入する年間の資金を大まかに決定する(今年は家庭の事情で大分収入減が見込まれる)。

・流動性の資産が増えたら、安く買える(要は値下がりしている)資産を増やす。

・基本的にはバイ・アンド・ホールド。使う目途のない資金はむやみに動かさない。アセットアロケーションのリバランスは追加の資金で行う。

・利回りは長期の平均で4.5%が目標。

・無謀と言われようが重視するのはコスト・リターン・リスクの順。

・無駄と言われようがリスク軽減には時間分散を積極的に活用。

・高値掴みになりそうなときは無理をしない。上値は追わない。

・日経平均やTOPIXなど各種インデックスのPERが先進国では25、新興国では40を超えたときは、追加投資は慎重に行う。

・日経平均やTOPIXなど各種インデックスのPBRが先進国では2.5、新興国では4を超えたときは、追加投資は慎重に行う。

・無理はしない。迷っているときや覚悟がつかないとき、多忙なとき、相場が上げ一本調子のときはMMFやMRF、普通預金等で流動性を確保する。

・欲しい銘柄やファンドで高い、と思っているものは納得がいく価格水準になるまで待つ。

・飽きないように、楽しめるようにしたい。だから日本株では積極的に個別株を活用。無茶と言われるのを承知で、今後もマーケット・タイミングで勝負するつもり。全然おもしろさが違うんだよ。

アセット・アロケーションのリバランスは忘れたころに適当にやる。そんなものにこだわるくらいなら、手間を惜しんで低コストなバランスファンド買ったほうがマシ。



▽各アセット・クラス▽
●国内債券(類似商品)
昨年21% 現状20% 目標18%
まず、2年間収入が完全に絶たれても大丈夫なだけの金額を確保。これは非常用の資金なのでアセットアロケーションには入れない。2年分の生活費を除いた額をアセットアロケーションの国内債券クラスとして考慮する。

定期預金とか個人向け国債とかMMF、MRF、貯蓄性を重視した保険もここに入れて良いでしょう(一時払いの養老保険または一時払いの終身保険、学資保険など)。

こいつは比率ではなく金額で決め打ち。もう少し、将来的には国内債券クラスの比率は減らしていく予定。

非常用の資金や流動性資産をどの程度確保するかは議論の分かれるところ。2年程度の生活費があると気分的に楽だ。

相場が暴落しても焦って売却したりせずへらへらしていられる。気が向いたら、そんなときはいろいろ買うのも面白いと思う。


●国内株式(類似商品を含む)
昨年57% 現状51% 目標47%

相場観はない。でも優待を取りたい銘柄もある。信託報酬も可能ならば圧縮したい。それに個別株って楽しいし。だから、個別銘柄。外貨建て資産が少ないので輸出関連株を多めに保有する。

一番比率が多いので今後の資金の投入は以前より減らすつもり。その分は外国株式に回す。時間をかけて比率を半分以下に減らしたいと本気で思っている。


●不動産(類似商品を含む)
昨年7% 現状8% 目標6%

リートの個別銘柄を中心に。不動産の保有が多い企業の株式もこちらにカウントしてもよいこととする。REITの信用リスクが高いときは不動産会社や倉庫株、不動産価格と連動性の高い銘柄で代替する。

海外REITを投信で間接保有している。しかし、信託報酬がREITと投信で二重でかかり構造的に高コストなので今後は凍結。


●外国債券(類似商品を含む)
昨年3% 現状3% 目標2%
教科書的には、日本株とは逆相関の関係がある。でも、リターンに対しコストや為替リスクが見合っていない。リターンを追求したいなら外国株式を、リスクを低下させたいなら国内債券を組み入れたほうが良い。

隠し味程度に、以前購入したものをホールド。新規の投資は凍結。


●外国株式(類似商品を含む)
昨年13% 現状18%(新興国6%を含む) 目標27%

小額からの買い付けを重視したいので現段階では投資信託が中心。将来的にはETFなどの活用も検討したい。国内市場のETF充実と配当金二重課税問題の解消に期待。。。

インデックスファンドの積立が中心。
MSCIコクサイに連動したインデックスファンド、MSCIエマージングに連動したインデックスファンドを利用する。

低コストだが、外国株の個別銘柄はやらないつもり。研究したところで、インデックスを上回る成績は出せないだろう。細かなことまで気にしだすとイヤになって運用を投げ出すか、はまり過ぎて燃え尽きそうな気がする。


●その他
昨年1%未満 現状0% 目標1%未満
試験的に購入しているバランス型ファンドなど。バランス型ファンドは忙しくって投資どころではなくなったときなどの退避先として今のうちから商品知識をつけておくのが主な目的。自分自身の運用と比較してみたい、というのもある。



▽総括▽
リスクの低下は二の次で面白みとコストとリターンを追求したいと思ったらこんなになっちまった。

リスクをとりすぎの気もするが最低2年分は生活資金を確保する方針なので、気分的に滅入ることは少ない。(ちなみに生活防衛資産を含めると期待リターン3.66% リスク12.44%になる。)

実際には購入に踏み切れない場合はMMFなどで流動性を確保している。そのため、国内債券(類似商品)の比率が高くなりがち。

まぁ、数十年という単位で考えているから、長期で見れば安定してくるでしょう(ホントかぁ?)。

数年前より円高だし外国株式の保有比率を高めていきたいとは思っている。

それと、現状では日本株が多いが、ひとつのアセットクラスが半分以上を占める、と言う状況はあまり健全とは言えない。出来れば、ひとつのアセットクラスは最大でも4割程度にしたいと思っている。

このアセットアロケーションが維持できるのはどんなに長くても現物の不動産を持つまでの話。マイホームを買ったり、アパートを買うと、国内不動産の比率が急に大きくなるのでそれにあわせて他のアセットアロケーションも変える必要が生じる可能性が高い。

放っておけば、勝手に比率は変わってくるだろうし、次に書くときは多分運用方針や目標のアロケーション比率も変わっているでしょう。

のらFPの投資スタイル
http://norafp.seesaa.net/article/36067211.html

のらFPの銘柄選択
http://norafp.seesaa.net/article/36068443.html

PALCOMの海外投資塾 バイアンドホールド戦略の微修正
http://palcomhk.blog79.fc2.com/blog-entry-630.html

アセット・アロケーション測定ツール
アセットアロケーション分析 〜 投資信託のガイド|ファンドの海
http://guide.fund-no-umi.com/tools/aa.html
資産運用シミュレーション
http://toushin.pepeo.net/stam-original-bf/sisanunyo-syumireshon.html

以前のアセット・アロケーションの記事はこちら
アセットアロケーション?ごらんの有様だよ!!(2011.011Edition)
http://norafp.seesaa.net/article/137599942.html
運用方針とかアセットアロケーションとか(2008.10Edition)
http://norafp.seesaa.net/article/108083770.html
運用方針とかアセットアロケーションとか
http://norafp.seesaa.net/article/52953660.html
posted by のら at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178492845
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。