2011年02月22日

確定申告書の記載を終えた

医療費控除、扶養控除、社会保険料控除、生命保険料控除、寄附金控除あたりは多くの人が記入すると思う。

投資家の場合は、これ以外に配当控除などが加わる。

やってみると、結構大きな金額が戻るかもしれない。

申告したことがない、という人は一度試みてみてはどうでしょうだろうか。税制についての理解も深まる。それだけではなく、普段の消費行動や投資戦略も税金を意識したものに変えていくことができる。
この記事へのコメント
私の場合、投資関係では、配当控除(国内株、外国株)、外国税額控除、そして、リーマンショック時の有価証券の損失(繰越損失)の活用をしました。

たくさん、戻ってくる予定です。
Posted by レバレッジ君 at 2011年02月22日 01:09
わたしは、残念ながらたくさんは戻ってきません。(;´Д`)

ただ、やめてしまうと繰越損はなくなってしまうので、惰性で続けているって感じです。

レバレッジさんと私もほぼ同じで、配当控除、繰越損失の解消が中心です。あとはわずかですが、寄付金控除。

外国税額控除、難しそうですね。やったことがないのでさっぱり分かりません。
Posted by のら at 2011年02月22日 22:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187123882
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。