2011年03月02日

情強がひた隠しにしていた無税生活の実態

著者が言うには節税に、気を使う人たちというのはかなり遵法意識の高い人たちが多いらしい。合法的な節税、グレーゾーンをついたギリギリセーフの節税の手法などいろいろ出ていて面白い。ただし、カタログ的で具体的な手順ややり方についての記載はわずかだ。

こちらのブログで絶賛している無税入門はかなり具体的な手法が出ている。確定申告までの準備の仕方、確定申告の手法、税務署が来たときの対応など。

それに対して、本書はいろいろと節税の手法を列挙するだけで具体的な記述が少ないのだ。この本を読んでどういう手法をとれば、具体例のような節税ができるか。それが頭で描ける人はかなり税金の知識のある人だと思う。

まあ、知識として知っていても良いかもしれないけど、実際に取り組むとなるとそれなりに難しい手法も多い。無税入門に出ていた節税の手法もちゃっかりと紹介されていた。

無税生活 (ベスト新書)
大村 大次郎
ベストセラーズ
売り上げランキング: 70166


過去の関連エントリ

サラリーマンは副業を持てば節税もできるし、生活も充実するYO!多分(;´∀`)
http://norafp.seesaa.net/article/94197708.html
「無税」入門の置かれている状況をもう少し理解してもらいたい
http://norafp.seesaa.net/article/107489047.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188602636
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。