2011年03月04日

勝間和代vs香山リカのプロレス其の弐

勝間和代vs香山リカプロレス(再戦)。前回は幸せや楽しさを感じること、について書いた。今回は人の能力について。


勝間さん、努力で幸せになれますか
勝間 和代 香山 リカ
朝日新聞出版
売り上げランキング: 146829

勝間氏は人は努力すれば、何らかの能力が開花し素晴らしい能力を発揮し天職にありつけると考えている(ように感じた)。

多分メディアには、勝間氏のような考え方のほうが受けがいいのだろう(本音は別として建前では)。自己啓発本も勝間氏のような考え方を煽りまくる。でも、私はそんな考え方に疑問を持っている。

誰でも頑張れば素晴らしい能力が開花する、という考え。こいつが多くの子どもや、若者を追いこんだり、(多分)ありもしない可能性を求めて仕事を転々とさせたりしているのではないか。

香山氏は対称的だ。そもそも努力すらできない人、努力しても結果に結び付かない人、能力があっても十分に発揮できない人もいる。そう考えている。頑張っている自分に酔っていたり、頑張りすぎて燃え尽きようとしている人を数多く見ている香山氏の諦観は説得力がある。

見つかりもしない可能性の開発をあおるよりも、普通の人の大切さを教えてやる。そちらのほうが必要ではないか。

シャアザクガンダムばかりでは組織は成り立たない。名前も顔もヒーロー性もない多くの量産型ザクジムこそが組織には必要なのだ。皆がシャアアムロを目指す必要はない。また努力次第でシャアアムロになれるかのような幻想を抱かせる自己啓発ビジネスもぶっちゃけどうかと思う。

ヲチしているブログの関連エントリ
高等遊民の備忘録: 『勝間さん、努力で幸せになれますか』 勝間 和代 (著), 香山 リカ (著):
http://koutou-yumin.seesaa.net/article/184933427.html
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188940094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。