2011年03月05日

保険会社の払い渋りに全俺が泣いた

私よりも、保険に詳しいあのブロガーさんに読んでもらいたい本。著者は小説まで書いている筆力の持ち主なのでドラマチックでとても面白い。

自動車保険金は出ないのがフツー
加茂 隆康
幻冬舎
売り上げランキング: 17496

損保が保険金を値切る、あるいは支給しない手口について書かれている。保険会社の担当者は、「言葉遣いは恐ろしく丁重で、支払いは徹底的に残酷」だそうだ。素人は紳士的な対応で信頼できる人物と思わされ不当に安い支払いに気付かないままであることが多い。

損保よりも公的な性格が強いと思われがちな共済でも同様の保険金の払い渋りが行われている。タクシーやトラック、また一般の人の一部が入っている共済は保険料が安い分、損保以上に支払いが渋く揉める、と覚悟しておく必要があるそうだ。

さらに驚きは、自賠責保険(強制保険)でも払い渋りは日常茶飯事とのこと。

保険会社との付き合い方を知る上で非常に参考になる。

まぁ、保険会社は慈善団体ではないし、企業の目的を考えれば当然のことをしているわけだが。

保険会社の理不尽な対応に腹を立てるもよし。保険会社の経営努力を評価して投資するのもありかと思う。

ちなみに、交通事故を専門に扱う弁護士である著者の加茂隆康氏は今現在(2011年3月)、「交通事故被害者の症状を現実よりも誇張した」ことで業務停止中だから、交通事故にあってもお願いできないのが残念だ。

ヲチしているブログの関連エントリ
高等遊民の備忘録: 『自動車保険金は出ないのがフツー』 加茂 隆康 (著):
http://koutou-yumin.seesaa.net/article/186568697.html
posted by のら at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 保険にひとこと言いたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
損保には詳しくない私ですが・・・w
(死亡で給付される)生命保険に関しては「死亡診断書」が発行されるので、払い渋りできる余地は少ないと思います。(告知義務違反で難クセ付けられたケースがどれだけあったかどうかは知りませんが)
一方、伝え聞く話だと損保は、保険会社を選ばないと泣かされてしまう危険性がありそうですね。。。この手の本はいつか読んでみたいです。
Posted by 十一屋 at 2011年03月05日 06:48
死亡については症状など論争の余地がない分、生保・損保を問わず払い渋りは少なそうですよね。症状についての判断が必要となる部分は、医療保険などでも交渉が必要になるのかも知れません。
Posted by のら at 2011年03月05日 15:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188946284
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。