2011年04月09日

被災地への寄附金・義捐金でふるさと納税を使ってみる

寄附金や義捐金にふるさと納税のスキームを利用するのは非常に理にかなっている。竹川美奈子氏のブログを見るまで気がつかなかった。

私自身は寄附金控除は毎年利用している。しかし、ふるさと納税を利用したことはなかった。ふるさとと呼べるほど愛着のある土地がないのが理由の一つだ。

ちなみに、ふるせと納税の制度は非常に良く出来ている。これを考えた総務省のひとは本当に頭のいい人だと思う。


自分が納めている住民税の1割を超えない範囲でふるさと納税をするとしよう。そうすれば(ふるさと納税をしなかった場合と)納める税額自体はほとんど変ることがない。しかし、自分が納めたいと思った地方自治体に納税することができる(その分、自分の住所地への納税額が減る)。

ふるさと納税は住民税から、ほぼ全額が税額控除の対象となる。所得控除と異なり税額控除は納税額からモロに控除額を引けるため、節税に際してムチャクチャ効果的だ。確定申告したことのある人だったら税額控除の破壊力がわかると思う。

自分の住所地への納税額が減ることと破壊力の大きさに抵抗があって、今まではふるさと納税の利用なんて考えたこともなかった。しかし、これを気に利用を考えてみようかと思っている。

ちなみに、ふるさと納税に伴う税金の還付や税額控除を受けるためには確定申告が必要だ。

ヲチしているブログの関連エントリ
http://blog.goo.ne.jp/m-takekawa/e/25887dd81efaadcb7ce676ee8ce8c2e6?fm=rss
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。