2011年06月27日

本気出してエンディングノートについて考えてみた

エンディングノートを作ってみようと思う(遺言状ではない)。

いざというときや、死にそうになってから書くのはたぶんとても難しいだろう。

だから、思いついたうちから少しずつ開設している口座などについて記載していこうと思っている。

ちなみに、遺言ではないので財産の分与などについて書いていくわけではない。自分に何かあった時に家族が困らないためのノートだ。

パソコンで使うようなテンプレートも探してみた。ただ、フリーのモノはPDFをプリントアウトして使うモノだったりで、電子データである意味があまりない。

また電子データだと自分に何かあった場合、ほかの人が探し出せるかもぁゃιぃ。

大学ノートに書き込んでいく、という方法も悪くはないと思う。

ただ今回は初めてのエンディングノートの作成なので下記既製のフォーマットを使う予定だ。

ある程度、書くことが分かってきたり、既製品で不満を感じたら自作しようかと思う。

記載する時は後から修正が容易なように、消せるボールペン、フリクションボールを利用する。

ちなみに、フリクションボールは60度以上の気温になると消えてしまう。この点は不安要素ではあるが、−10度以下の冷凍庫などに入れておけば復活するそうだ。不安要素は当面目をつむって、修正が容易な長所を選択したい。まぁ、だめだったら、普通のボールペンを改めて使おうと思う


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。