2007年07月05日

弁護士いらずの少額訴訟

仕事の関係で読むことになったのですが、なかなか良い本です。

60万円以下の債権の回収や交通事故の賠償金、慰謝料など比較的日常的に発生しやすい金銭支払債権債務の解決に利用されることが多いようです。

小額訴訟はそれ以外にもその日のうちに判決が出る、弁護士が不要などの特徴があります。
また、十分な証拠がない際に相手との会話を記録して証拠にしたりする等のテクニックも乗っています。

内容証明郵便などで事前に裁判を回避する方法も簡単に触れられていますが、どちらかというとこれから小額訴訟を起こしたい方のための本です。

しかし、訴訟リスクを避けるために普段からこんなことに配慮しなくてはならない、ということを知るのにも本書は役立つように感じました。
日本一わかりやすい弁護士いらずの少額訴訟
桝井 信吾
明日香出版社 (2004/04)
売り上げランキング: 99112

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46770784
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。