2007年07月18日

デスマーチ 第2版 ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか

ソフトウェア開発者向けに書かれているようですが、実はそうでもありません。普通のサラリーマンでも学ぶべき点は多いです。

無茶なプロジェクトやアホな上司からの要求に対していかに対応をすべきか。上司やクライアントといかに交渉すべきか。辞職カードは自分自身を守るためにどの段階でちらつかせ、あるいは本当に退職すべきか。

日程、人員、予算等で本来必要とされるものの50%を下回っているものはデスマーチ化する可能性が高い。というか本来必要とされる要素のいずれかが50%を下回っているプロジェクトをデスマーチと呼ぶ。

人数が多い、期間が長いほど人間の流動性も高まり、高いモチベーションの維持も難しくなりデスマーチ化しやすい。

交渉においては逃げ道を作ったり、相手に選ばせることでデスマーチを回避する。例えば....
○「20%(30%)の時間を与えてもらえば、80%(70%)の完成度までは持っていける。100%の完成度のものを予定よりも遅れて運用を開始するか。80%の完成度で運用を開始してみてはどうか?」

○「われわれも、安くて早くて確実なシステムを構築したい。しかし、このうちの二つの目標までしか同時には追求できないとしたら、どの目標を追求するか?」

○「最善を尽くすが、納期(性能)の確約は出来ない。」

○「現状では、半年±50%(100%)の範囲での納品しか約束できない。」

○中国式水責めを行う。毎週、(求められてもいなくっても)中間報告を出し、1日〜2日(20〜40%)の遅れが発生している旨を報告する。毎週、1日〜2日の遅れを報告し続けると全体としては20〜40%の遅れが発生することになり、納期延期や人員要求の圧力を加える。

○プロジェクトの初期にトリアージを行う。重要度にあわせてタグを付けていく。
・must do...やらなくてはならないこと。
・should do...やったほうがいいこと。
・could do...可能ならばやること。
に分類して機能の実装などを行っていく。

○社内政治・日常の雑務・下らない電話の対応から逃げる必要がある。

具体的な手段として、ほかのものが出勤している時間帯とは勤務時間をずらす。
平日は休暇をとり土日に出勤する。
会議室を借り切って外部との通信を断つ通信封鎖。
マクドナルドでデスクワーク。
デスクの電話線を引っこ抜く。
この文章を読んでいる方にはどれか経験のあるものもあるかもしれません。(引っこ抜いた電話線は必ず元に戻しましょう。これを忘れてとんでもないことになった人を知っています。)

デスマーチ 第2版 ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか
エドワード・ヨードン 松原 友夫 山浦 恒央
日経BP社 (2006/05/03)
売り上げランキング: 4780
おすすめ度の平均: 4.0
5 できるなら プロジェクトが始まる前に読んで!
5 システム開発に携わる人必読
5 とにかく、面白い


デスマーチ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%81

ソフトウェア開発の落し穴(デスマーチ)
http://iwatam-server.dyndns.org/software/devintro/deathmarch/deathmarch/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

デスマーチ 其の弐
Excerpt: デスマーチに突入すると、仕事のできる人間、最も生産性の高い人間から消えていきます。彼らはほかの組織やプロジェクトでも通用するため、しようもないプロジェクトやアホな上司に付き合う義理もありません。 果..
Weblog: のらFPのブログ
Tracked: 2007-07-21 01:19

卒業学部による就職観とかその他
Excerpt: 就職活動をするときに経済・経営系の学部卒は「就職=給料をもらうこと」と考えるらしい。 法律系の学部卒は「就職=契約」と考えるらしい。まぁ、どっちも比較的ドライな連中が多いらしい。 こいつらも、熱い..
Weblog: のらの資格取得日記
Tracked: 2008-03-22 02:35
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。