2007年08月06日

Lifehacker インターネット時代のワークスタイル改善術!

ITmediaのライフハックなどに普段から目を通している人にはBiz.IDの総集編的な内容になっています。正直かなりテクニカルなライフハックです。考え方、というよりもTIPS。具体的な効率の追求が主です。

GoogleGoogle Docs and SpreadsheetsGmailFirefoxRSSリーダーOpenOffice.orgなど。これらをある程度使いこなせる(素養がある)こと、積極的に利用していくことが暗黙のうちに前提条件となっています。さらなるライフハックをしたい人には自宅サーバーLinuxBSDなどの入口まで示してくれます。

Lifehacker インターネット時代のワークスタイル改善術!
Gina Trapani 新丈 径
アスキー (2007/06/19)
売り上げランキング: 5436


ITmedia Biz.IDライフハック
http://www.itmedia.co.jp/bizid/lifehack.html



全体的に見て低コストで利用できるGoogleオープンソースのソフトウェア、Linuxを積極的に活用する、という方向性を打ち出しています。

積極的に今後取り組んでいきたいこと。
●ToDoメールを自分宛にメールを送る。オンラインのToDoリストを活用して未来の自分に現在の自分がメールを送る。

●Gmailの☆マークとフィルタリング機能を利用して簡易ToDoリストとして利用する。外部から自分宛にToDoリストを送りつけることが可能になる。

●ピンクノイズを発生させて周囲の不快な雑音が気にならないようにする。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0606/29/news064.html

●HDDクラッシュに備えるためSyncBackを定期的に動作する設定にして定時バックアップをとる。

●日々の日課(エクササイズとか資格試験の勉強とか)をこなしたら、こなした分をグラフや表にしていく。HALOほど面白くはないがスーパーマリオでコインを集めるくらいのオモシロさはある(らしい)。

●パスワードの頭やお尻に識別用の文字を入れる。例えばAmazonのパスワードはampasswordとかpasswordamなど。このようにすれば少ないパスワードを使い回せる。しかも同じパスワードにしないですむ。仮に一つのパスワードが漏れても慌てて他サービスのパスワードまで全て変える必要がない。

●オンラインブックマーク、ソーシャルブックマークの積極的活用。特にフォルダで管理するタイプのオンラインブックマークよりも、タグをつけられるタイプを推奨。

BLINK(のらが愛用しているフォルダ型のオンラインブックマーク)
http://www.blink.jp

Yahoo!ブックマーク
http://bookmarks.yahoo.co.jp/
リニューアル後はタブ、フォルダ併用型でコメントもつけられ非常に使いやすくなりました。登録ページのサムネイル表示もしてくれます。将来的には機能拡張が滞っているBLINKから引っ越しの予定。

5年以上もBLINKを使い続けています。BLINKは当初から機能拡張がほとんどされていないのですが、それだけ完成度が高いです。

BLINKはアクセス頻度や最終アクセス日などの統計をとってくれます。これが今だに、Yahoo!ブックマークに引っ越せない理由。

RSSに対応しているサイトはRSSリーダー、未対応のサイトはBLINK。いまはこうして使い分けています(というわけでこの中間的な位置づけのYahoo!ブックマークは出番がありません)。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Lifehacker インターネット時代のワークスタイル改善術!
Excerpt: Lifehacker インターネット時代のワークスタイル改善術! 最近、本屋でよく見かける××ハッカー本。 この本はPCでフリーウェア使っ...
Weblog: もぼなもな書房
Tracked: 2009-06-19 16:24
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。