2008年03月14日

外貨預金と外貨建てMMFは似ているようで課税のされ方は大分違う。

なんとなく胡散臭い表紙と、ざっくばらんな語り口ですが内容はいたって真面目でまとも。

税金の及ぼす効果が資産運用にどれだけの影響を及ぼすか。実際のシミュレーションで説明しています。

また、同じ外債であっても満期まで保有するか、途中で売却するかで税制がことなり、有利不利も変わります。

たとえば。。。

満期前に売却
譲渡所得として総合課税。5年以上保有していれば、譲渡益から50万円を控除して更に半分が課税対象。

満期償還。
雑所得として総合課税。償還益から20万円を控除した分が課税対象。

外貨預金は利息と為替差益の双方に課税されます。外貨MMFは利息のみが課税対象です。似たような商品であっても外貨預金は外貨MMFよりも課税上非常に不利です。

また、似たような資産であるインデックスファンドとETF。しかし、課税上、インデックスファンド投資信託として、ETFは株式として扱われます。

こうした税制のゆがみを指摘しています。

含み益の出ているアセットクラスを売却。利益確定をする。含み損の出ているアセットクラスを購入する。リバランスは理屈の上ではこうした作業をすることになります。

しかし、利益を出すとそれだけ税金がかかります。つまり、リバランスは保有している資産を売却することで行うのは非常に不利です。

むしろ、新規に買い付けるアセットクラスを調整することでリバランスを行うことが合理的な選択である事が分かります。

発売されてから少し時間がたって税制のゆがみを知り、積極的に節税に取組むには読みやすい本だと思います。

ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇
安間 伸
東洋経済新報社
売り上げランキング: 31457
おすすめ度の平均: 4.0
4 改めて税金について考えさせられる
5 手数料と税金がカナメであると説く。
4 「まさに近視眼的税制!!」
5 個人投資家に不利な税制
4 税金と投資商品を分かりやすく学べる。

posted by のら at 00:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89490264
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

外貨預金の意外なリスクとは?
Excerpt: 最近円高ドル安になってきていますね。 こういう時はドルを買うとお得と考える人が多い。 1ドル100円のレート時に日本円で10万円分買うと 1、000ドル購入できます。そして1ドル120円の 円..
Weblog: 資産運用のマネー専門ブログ
Tracked: 2008-04-06 12:10
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。