2008年04月06日

通貨とかコモディティへの投資についてとか

のらは内藤忍先生が好きだ。アセット・アロケーションについて最初に具体的な商品名で説明してくれた本。それが内藤先生の本だと思う。

そんなわけで以前にも「内藤忍の資産設計塾 外貨投資編」については書いている。
http://norafp.seesaa.net/article/52620780.html

しかし、以前書いた2007年8月とは為替相場や株価も大分変わってしまった。当時は株価と原油価格が正の相関関係だった。今では逆相関になっている。

経済状況も変化した現在、改めて読んでみると新たな発見があったりするのでまた書いてみる。

内藤忍の資産設計塾 外貨投資編
内藤 忍
自由国民社
売り上げランキング: 14710
おすすめ度の平均: 4.5
4 今年の本ですら既に古さを感じる金融界の流れ
4 外貨投資の参考書
4 外貨投資全般をよくまとめた良書です
5 新興国投信からFXまで、正に外貨投資全般の参考書
5 渾身の一冊


通貨やコモディティ(商品)について。

豪ドル、NZドルは資源価格との相関関係が強いらしい。たしかに、この1年に関してはゴールドをはじめとしたコモディティとの相関関係は強い(それ以前に関しては調べられませんでした)。

つまり、豪ドルやNZドルへの投資をしていればコモディティやゴールドへの投資に近い効果が得られる可能性がある、ということになる。

のらもコモディティにはわずかだが投資信託を通じて投資している。ゴールドへの投資も金価格連動型上場投資信託:1328というETF(正確にはリンク債を利用したETN)への投資を通じてやろうかと思ったこともある。

しかし、投資信託は信託報酬とかが高い。また投資信託もETFもリンク債を利用しているので発行主体の信用リスクを負うことになる。

だから、積極的には利用できていない。

それに対して、これら豪ドル建てやNZドル建ての債券や外貨建てMMFを利用すれば多少なりともコモディティの価格変動に似た金融商品を保有資産に組み込むことが出来る。

また、同様にコモディティとの価格の相関が大きい株式などについても同様だ。

コモディティへの投資は一般にキャピタルゲインのみでインカムゲイン(利子・配当)は期待できない。

それに対して資源価格との相関が強い通貨や株式への投資ではインカムゲインが期待できる。

ただし、注意したいのはあくまで(過去の)相関関係が強い、と言う点だ。今後も同様になるかは分からない。

投信・ETFの信用リスク、キャピタル・ゲインのみかインカムゲインもあるか、信託報酬等の手数料、そうしたもろもろを考慮して広い意味でのコモディティへの投資をしても良いと思う。


posted by のら at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。