2008年05月16日

寅さんは年寄り向けの映画だろ?

寅さんは年寄り向けの映画だと思っていた。今でもそう思っている。すくなくともガキの見る映画ではないだろう。

私は恥ずかしながら寅さんは二作くらいしか見たことがない。それも晩年の作品だ。

でも、本書は寅さんを見ていない読者でも分かるように寅さんに出てて来る登場人物のエピソードを交えつつも税制の説明をしてくれる。

寅さんは税金を払っていたのか?
大村 大次郎
双葉社
売り上げランキング: 92675
おすすめ度の平均: 4.0
4 気楽に読める寅さんの娯楽的税金本!
3 税金全般について知りたい人向け!
4 寅さんと税金
5 ”男はつらいよ”ファンの方にも手にとって頂きたい



入門書の入門書のような内容なので突っ込んだ話はあまり出てこない。

それでも損益通算の考え方などが紹介されている。

また、現在の源泉徴収が成立した経緯なども紹介されている(戦時体制が作り出した制度が思いのほか使い勝手が良かったらしい)。

また贈与などはどこまでが社会通念上申告しなくても認められるか。なかなか判断が難しいところだ。こうした問題に対し国税OBなりの判断を示してくれている。

これを読んで、税金が理解できる、と言う類の本ではない。会社の源泉徴収任せで税金に興味のない人も多いと思う。本書のような本から読み始めると、税制について興味を持つきっかけになるように思う。

関連エントリ
節税についての具体的な手法から税務調査の対応まで
http://norafp.seesaa.net/article/95775356.html

サラリーマンは副業を持てば節税もできるし、生活も充実するYO!多分(;´∀`)
http://norafp.seesaa.net/article/94197708.html

脱税の悪い見本(よゐこは真似をしてはいけません)
http://norafp.seesaa.net/article/95783807.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。