2007年02月18日

投資戦略の発想法ゆっくり確実に金持ちになろう 木村剛

結論から先に話すと「効率的市場仮説」に立脚した投資の本です。資産運用の基本書として、家計のバランスシートの健全化や節約の意義について分かりやすく説明されています。わたしも最強の金融資産で書きましたが、資産ポートフォリオの中で最も強力な資産を生み出すのは(よほどの資産家でない限りは)自分自身です。そのため、デイトレードや優良銘柄の発掘に精を出すことの愚かしさを説いています。そんな暇があれば、自分自身に投資して自分自身の価値を高めるべきだ、という発想は私の考えとも一致します。
最新版 投資戦略の発想法
最新版 投資戦略の発想法木村 剛

アスコム 2005-08
売り上げランキング : 31469

おすすめ平均 star
star100回読む価値がある本です
star投資初心者には最適な指南書
star内容は悪くはないが、現実的かどうかは大いに疑問

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む
posted by のら at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

梅森浩一著『「サラリー」論。給料のしくみと所得倍増の法則』

IT系新興企業、外資系金融関連などアングロサクソン型の企業に勤めている方には役に立つ本かもしれません。ちなみに、年収300万という表現が文中で頻繁に眼にします。森永卓郎先生を大分意識している印象を受けました。

「サラリー」論。―給料のしくみと所得倍増の法則
「サラリー」論。―給料のしくみと所得倍増の法則梅森 浩一

小学館 2004-06
売り上げランキング : 97488

おすすめ平均 star
starホワイトカラーとブルーカラー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む
posted by のら at 14:22 | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

サラリーマンの有給休暇

サラリーマンにとっては休むことも仕事のうちです。昔、社畜なんてことばがありました。家畜であっても奴隷であってもへとへとのまま働かせ続けて結局損をするのは飼い主や奴隷の所有者です。株主やステイクホルダーに労働力や知識・技能を提供しているサラリーマンとて同じことです。労働力の再生産は常に頭に置いておかなくてはなりません。

続きを読む
posted by のら at 21:31| 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超過勤務について

世の中には付き合い残業や生活残業という言葉あります。ですが、のらFPはこれらの残業は正規雇用者の生活のクオリティを下げる要因となるので減らすべきだと思っています。

続きを読む
posted by のら at 21:19| 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大竹のり子著 一番やさしくネット株ができる

日経CNBCなどでもご活躍の大竹のり子先生の著作です。ネット証券、特にイートレード証券の利用を意識されて書かれているようです。

一番やさしくネット株ができる―10分間でわかる入門ムービー&すぐに使える実用EXCELデータ収録!一番やさしくネット株ができる―10分間でわかる入門ムービー&すぐに使える実用EXCELデータ収録!
大竹 のり子 ノマディック

西東社 2006-03
売り上げランキング : 46847
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む
posted by のら at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

FPフォーラムに参加して参りました

先日、NPO法人日本FP協会主催のFPフォーラムを聴いてきました(お客さんとして)。のらFPは友人・知人等の相談を受けたり、提案をしたりすることはありますが事業としてやっているわけではありません。趣味、勉強、ボランティアとしてやっています。そのため、プロのFPの方々がどのような資料を利用したり、クライアントにどう言った説明をするか、という点を主に勉強したいと思っていきました。
続きを読む
posted by のら at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

内藤忍のお金持ちになる投資成功ノート

マネックス証券の関係者なので、ややマネックスびいきの内容があるのは仕方ないし、割り引いて考えましょう。しかし、それでも良書です。個別の銘柄や商品よりもアセット・アロケーションにこだわった内藤先生らしい内容となっています。

内藤忍のお金持ちになる投資成功ノート
内藤忍のお金持ちになる投資成功ノート内藤 忍

おすすめ平均
stars超初心者に分かりやすい!
stars優等生が読む、まじめな教科書。試験の穴埋めで投資を勉強。
starsわかりやすい
stars残念ながら
stars投資の超初心者には最適です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む
posted by のら at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

投資バカにつける薬 山崎元

山崎先生の以前の本との大きな違いは主に一つ。従来は個人向け国債とTOPIX連動のインデックスファンドまたはETFを主な投資対象として推奨していた。TOPIXが浮動株の評価へと移行したことにより、TOPIXへの投資から個別株への分散投資を勧めるようになったことが従来との違いだろうか。為替リスクに対する考え方は藤巻健士先生とは好対照。




続きを読む
posted by のら at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

為替リスクはどの程度とるべきか

藤巻健史先生のアセット・アロケーションは個人の資産運用としては為替リスクをとりすぎに感じる。先生自身が本書で暗に指摘している通り、為替相場と国内の物価の相関関係は決して高くない。日本で働き、日本で暮らすモノにとって為替リスクは必要以上にとるべきではないように感じる。



直伝藤巻流「私の個人資産」運用法
藤巻 健史著
講談社 (2005.11)
通常24時間以内に発送します。

続きを読む
posted by のら at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。