2011年02月09日

インデックス投資家の派閥目録

│ 
├─インデックス投資が最良だよ(タカ派)
│ ├─市場は効率的だからアクティブでは勝てないよ(効率的市場学派)
│ ├─世界市場を再現するのが当然だよ(世界市場ポートフォリオ派)
│ │ └年金は国債・日本株中心だから海外投資を優先すべきだよ(年金合算派)
│ ├─長期投資ならリスクが低減するよ(マルキール派)
│ ├─何も考えずインデックスファンドでドルコストだよ(ドルコスト派)
│ ├─新興国は投資しなくても良いよ(新興国投資不要派)
│ │  └反日的な国には投資したくないよ(愛国族)
│ ├─新興国はオーバーウエイトで投資すべきだよ(新興国派)
│ │  ├新興国より未開発な国も投資したいよ(フロンティア派)
│ │  └日本は少子高齢化で未来がないよ(国内悲観族)
│ ├─円で生活するんだから日本への投資は大切だよ(ホームバイアス派)
│ ├─外債も保有すべきだよ(外債容認派)
│ └─商品やREITも保有すべきだよ(ごった煮派)
│ 
├─インデックス投資でなくても良いよ(ハト派)
│ ├─信託報酬が低い投資手法がいいよ(信託報酬重視派)
│ ├─間接費用も含めてコストが低い投資手法がいいよ(コスト重視派)
│ │  ├節税も考えないとダメだよ(節税族)
│ │  ├外国ETFの二重課税は面倒だよ(外国税額控除忌避派)
│ │  ├国内に上場するETFは二重課税が問題だよ(二重課税問題視派)
│ │  └商品やREITは高コストだから不要だよ(アンチエキゾチック派)
│ ├─手数料が低ければアクティブでも良いよ(アクティブ許容派)
│ ├─先進国の高配当株への投資がいいよ(シーゲル派)
│ │  ├外国に投資するのはインデックス以外、めんどくさいよ(消去法派)
│ │  ├日本株は現物だったら信託報酬も掛からないよ(日本株現物派)
│ │  ├日本株は現物だったら株主優待ももらえるよ(株主優待族)
│ │  ├日本の少子高齢化は株価にすでに織り込まれているよ(国内重視派)
│ │  └新興国の株式は割高だよ(先進国重視派)
│ ├─リターンよりもリスクコントロールが大切だよ(リスク重視派)
│ ├─大手金融機関は信頼ならないよ(大手不信派)
│ │  └顧客と運用会社の結びつきが大切だよ(直販派)
│ ├─人的資本も考慮すべきだよ(人的資本尊重派)
│ │  └サラリーマンを債券と考えると全力で株式投資だよ(株式投資全力派)
│ └─外国債券はリターンにリスクとコストが見合わないよ(外債不要派)
│ 
└─儲かればなんでもありだよ(現実派)
   ├ETFは空売りも出来るよ(信用派)
   ├日経225先物もインデックスだよ(オプション派)
   ├口座開設キャンペーンとかにも突撃しちゃうぞ(キャンペーン派)
   ├遊び心がないと飽きちゃって続けられないよ(享楽派)
   ├とにかく続けなきゃダメだよ(継続重視派)
   ├お金の掛からない生活習慣が大切だよ(スタンリー派)
   ├こんなカテゴリー分け自体に意味がないよ(派閥分けウゼー派)
   └つーか、まだ投資始めてないよ(予定は未定派)

続きを読む
posted by のら at 22:38| Comment(8) | TrackBack(1) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

長期投資にこだわって、利益確定を恐れてはいけない

投資だけではなく、投機もススメる投機指南本。内容が受け入れられるか否かは別として、真面目にドルコスト平均法で毎月積み立てていけばいいかなぁ、という人にもおススメ。


全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦
ジム クレイマー
日本経済新聞社
売り上げランキング: 30907

続きを読む
posted by のら at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資が止まらない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

100万円の運用にアセットアロケーションは必要ないか?

前回は少額の投資に時間をかけて、アセットアロケーションをこねくり回すのはあまり意味がない、と書いてみた。

そろそろ若いうちからの投資について一言いっとくか
http://norafp.seesaa.net/article/181378636.html

では、実際に100万円余裕資金ができたらどう投資するか。
続きを読む

2011年02月01日

野村アセットマネジメントがいよいよ本気を出すようです

日本経済新聞のホームページに

投資家のあなた
インデックス
  ファンド
って知っていますか?


という、野村アセットマネジメントの広告が出ていたのでちょっとビビった。

野村グループ、野村アセットマネジメントはファンドの新陳代謝が激しい。常に顧客が求めているファンドを提供し続けている。悪く言えば、売れなくなったファンドはさっさと償還してしまう。野村グループにとってインデックスファンドは鬼っ子のように思われていると考えていた。

設定はしているけど、あまり広告もしたいくないし積極的に売りたくもない。

でも、広告が日本経済新聞のホームページに出ていたのでちょっと驚いた。
posted by のら at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

子宮頚がんワクチンの公費助成が始まりますた

今年から子宮頚がんヒブワクチン小児肺炎球菌等の任意ワクチンに対し、行政からの助成がおこなわれる。子を持つ親にとってはうれしいことだろう。

既に一部の行政区では1000円程度の自己負担で受けられるそうだ。

私が感動したのは子宮頚がんワクチンが導入されるまでの経緯。

続きを読む
posted by のら at 22:53 | TrackBack(0) | 税金が悲惨すぎる件について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

そろそろ若いうちからの投資について一言いっとくか

投資家の集まりに出ていて最近、ちょっと疑問に思うことがあったので書いてみる。

こうした集まりも、回を重ねたり有名になったすればいろいろな人が参加することになる。

中心的な年代は30代だ。最近は若いけど、投資をすでに始めている人を見かけるようになった。

続きを読む
posted by のら at 23:32 | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

上場インデックスファンド海外先進国株式 (1680:上場MSCIコクサイ株)をもう一度考え直してみる

Fund of the Year 2010で8位に入賞した日興アセットマネジメントの上場インデックスファンド海外先進国株式(1680:上場MSCIコクサイ株)についてもう一度考え直してみる。
続きを読む
posted by のら at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

CMAM外国株式インデックスeについてもう一度考え直してみる

CMAM外国株式インデックスeがインデックス投資ナイトのFund of the Year 2010で5位に入賞した。

以前は、検討するにしても時期尚早と考えていた。

しかし、そろそろ発売から1年近く経つ。2月決算なのでその際に、どの程度効率的な運用がされているかも確認できる。

そろそろ、投資対象として考えても良いかも?と考えたのは以下のような理由。

続きを読む
posted by のら at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

ファンドとのお付き合いの遍歴についてざっくりまとめてみた

金額はたいしたことない。だが、投資をしていた期間が長くなった分、銘柄ばかり無駄に多い。ファンドについてはなるべくなら現金が必要になるまでは売却しない方針で買っている。また、売却するときは信託報酬だけではなく、税コストも考えて損失(利益)をなるべく出さないように売却したい。

その分、ファンドの分析はしっかりとやってきたつもりだが、今思い起こすと、投資を初めて間もないころは信託報酬とかはあまり重視せず、ランキングなどで人気のファンドを買っていたようにも思う。

また、新興国株式への投資環境についてはここ2〜3年で急激に充実してきた。それ以前は信託報酬の高いアクティブファンドしかなかった。そのため昔買った新興国株式アクティブファンドを依然として保有している。運用報告書を見る度にコストに腹が立つ。税コストを考えつつ売却を検討中。
続きを読む
posted by のら at 21:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

SBI証券も野村MRFの取扱を中止

カブドットコム証券に続いてSBI証券もMRFの取扱を中止するそうだ。

正直、これは痛い。はっきり言って改悪だ。

住信SBIネット銀行が提供する「SBIハイブリッド預金」を使えば、速買付余力に反映できらしい。

しかし、私の場合メインバンクは住信SBIネット銀行ではない。出来ることなら、従来どおり入金後即MRFが買い付けできるような今の制度も維持して欲しい。

SBI証券はMMFがネット経由では買えずコールセンターに電話しなくてはならない、とか不便な点も多い。

もともと、MRFを扱っていない松井証券は別として、楽天証券、マネックス証券もMRF廃止の流れに追随するのだろうか?

他のブログの関連エントリ
SBI証券がMRFの取り扱いを廃止|四十路のおひとり様にも五分の魂
http://ameblo.jp/oomame-komame2009/entry-10767567653.html
SBI証券、MRFの取り扱い廃止!? - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1624.html
posted by のら at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託爆発しろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

大統領オバマは、こうしてつくられた

最近、読んだ本。小説を超える面白さだ。登場人物が多い。そして分厚い。だが、それも気にならずに読める。

序盤の山はオバマがヒラリー・クリントンとの激戦を制し指名を獲得するまで。同時に、敗北した候補者が、勝者に自分をいかに高く売りつけるか、が新しい目標となる。この条件闘争も見ものだ。オバマの指示を表明する代わりに政権幹部として迎えることを要請したり、といった駆け引きだ。オバマ政権が第三次クリントン政権としての形態をとるにいたった経緯が分かる。

後半の山は全く無名だったサラ・ペイリンが副大統領として抜擢されてから。周りを巻き込んで騒動を起こし、彼女自身メンタル面で大ダメージを受けながらも、副大統領としての風格と見識を備えつけていく過程が見ものだ。

大統領(候補)、副大統領(候補)といった「地位が人を育てる」経緯がスゴい。


大統領オバマは、こうしてつくられた
ジョン・ハイルマン マーク・ハルペリン
朝日新聞出版
売り上げランキング: 36516

2011年01月09日

預金金利は最近調子に乗り過ぎだと思う(2011年1月版)

預金金利は最近調子に乗り過ぎだと思う(2011年1月版)

最近、毎月のように口座開設キャンペーンについて書いている。それだけ旨みのある預け先がないことの裏返しでもある。

続きを読む
posted by のら at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

アセットアロケーション?ごらんの有様だよ!!(2011.01Edition)

以前書いたアセット・アロケーションから1年以上がたってしまったので現状と今後についてまとめてみたい。年初だし、インデックス投資ナイトもあるからね。

でも、悪い見本だから真似しちゃダメだぞ。

今年の投資方針についてざっくりまとめると。。。

以前よりもマシになったが、日本株の比率高すぎ。ホームバイアスかけ過ぎ。

こいつらの修正が今年の方法だ。基本方針として、リバランスのために資産の売却はしない。新規の投資資金を利用して修正をしていく。

コストが高い、外国債券(新興国を含む)に関しては追加の投資は凍結する。海外REITやコモディティも同様に新規の投資は凍結。

MONEX VISION βでは今の資産に1割追加して外国株(新興国3:先進国1)を買うとリターン向上、リスクも低下、という有難い御言葉を頂戴した。


現状のアセットアロケーションと将来の目標
20110105アセット・アロケーション - コピー (2).png

昨年 期待リターン4.26% リスク15.13%
現状 期待リターン4.34% リスク14.88%
将来 期待リターン4.44% リスク14.15%

投資信託の道具箱|ファンドの海
http://tools.fund-no-umi.com/
で測定
(期待リターンは現状の金利や新興国株式の比率を考慮して一部修正して計算)
続きを読む
posted by のら at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

ネトゲ廃人に現代の職人魂を見た

ネトゲで日常生活に支障をきたすほどハマってしまう人たちの話。

ネトゲにせよパチンコにせよ、熱狂的なファンを獲得できるエンターテイメントは素晴らしい。同時に、熱狂的なファンを獲得している産業や企業は投資先としては非常に魅力的だ。

読んでいて感じていたのはネトゲはゲームではなくもう一つの現実であること。

経済活動がおこなわれており、ネトゲ内で資産を築くことも出来る。(非公式だが)通貨も現実の通貨と交換できることもある。

功績をあげれば仲間から評価され、装備や経験が充実すれば活動がしやすくなることだ。私の生きている現実にそっくりだ。

違う点はゲームバランスが絶妙な点。自分が努力したり仲間と協力すればぎりぎりで達成できる難易度に設定してある。実際にヲレが生きている現実はゲームバランスがめちゃくちゃなクソゲーだ。


ネトゲ廃人
ネトゲ廃人
posted with amazlet at 11.01.04
芦崎治
リーダーズノート
売り上げランキング: 67977
posted by のら at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資が止まらない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

2010年にブログ経由で売れた本が想像以上に凄い

ほかの著名ブロガーがブログ経由で今年売れた本のベストランキングを発表している。このブログもインスパイヤされて、こっそりとベスト3を発表してみる。

なかなか、これが偏っていてスゴい。
続きを読む

2010年12月20日

投資をはじめる前に見直す生活習慣

トマス・J・スタンリー著の過去の本のダイジェスト的な内容。訳が本田健氏なのはご愛嬌だ。

となりの億万長者」を読んでいる人は無理に読む必要はない。「となりの億万長者」のサブセット的内容だ。

逆に、スタンリー氏の過去の著書を読んでいない人だったら、なかなか有益な内容になっている。

続きを読む
posted by のら at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

特定口座年間取引報告書の請求が初めての人に教えてあげたいちょっとしたこと

2011年の税制改正大綱も閣議決定された。投資家としては確定申告を意識し始める時季でもある。

確定申告で株式等の譲渡損失の繰越をする場合は特定口座年間取引報告書が必要になる。

実は、この年間取引報告書が証券会社によって扱いが異なっている。ヲレ的備忘録も兼ねて現在使用しているネット証券各社について書いてみる。

具体的には5大ネット証券(SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、楽天証券、マネックス証券)が対象だ。

以下では全て、電子交付申込をしていて特定口座は「源泉徴収あり」を想定しているので、異なる口座の方は改めて確認して欲しい。
続きを読む
posted by のら at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用大作戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別の株式銘柄、金融商品、資産運用、ライフプラン、投資額、運用成績などのご質問にはお答えできない場合があります。

※株式投資、金融関連商品のご購入などはご自身の責任で行ってください。

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください。